スポンサードリンク

2012年03月24日

もこみち オリーブオイルの 健康効果

もこみちのオリーブオイルが話題になっていますね。
オリーブオイルがいくら健康に良いからといって、オリーブオイルで揚げた上にさらにオリーブオイルをかける追いオリーブオイルはカロリー過多ではないかと思われます。

私もオリーブオイルが好きで、聖路加病院の100歳になられた日野原先生が、毎朝おおさじ1杯の
エクストラバージンオリーブオイルを飲まれているのをまねしています。コレステロールが高いからです。

また、オリーブオイルは化粧落としや、調味料にも使用しており、健康効果、美容効果、調味効果があるようです。

今回は、オリーブオイルの健康効果についてネットサーフィンしてデータを集めました。(すべてが実証されているわけではないようです)

循環器系
・動脈硬化予防:主たる成分のオレイン酸とビタミンEが、悪玉コレステロール、中性脂肪を減らす。
・血液循環の改善:ビタミンEが副交感神経に作用し、毛細血管を拡張するので、肩こり、冷え性を改善する。また、脳梗塞、心筋梗塞も予防する。
・貧血予防:クロロフィルが酸素を運ぶヘモグロビンの働きをする。


消化器系
・健胃作用:胃液の分泌を調節して胃の粘膜を守るので胃潰瘍、十二指腸潰瘍の予防になる。

・胆石の予防:胆嚢と胆管を刺激して胆汁の分泌を促す。

・便秘の改善:腸壁を滑らかにし、蠕動(ぜんどう)運動を促す。

・内分泌・免疫系:インスリン分泌を正常に近づけ血糖値を正常に近づける。慢性関節リウマチの予防

骨格系
・骨の成長促進:ビタミンKとオレイン酸が、カルシウムの骨組織沈着を促進して、骨を丈夫にする。
・カルシュウムの沈着予防:ビタミンKに「動脈」「腎臓」にカルシウムが沈着するのを防ぐ働きがある。
・骨粗鬆症予防:ビタミンKとオレイン酸が 骨組織からのカルシウムの流出を抑える。

その他
・癌・腫瘍の予防:オレイン酸とビタミンE、A、Cなどの抗酸化作用により、胃腸や乳のがん・腫瘍を予防する。

・神経系:ビタミンEの自律神経調節作用により、青年期の偏頭痛(片頭痛)を改善する。

・生殖器系:ビタミンEが自律神経に作用してホルモン分泌を正常化します。

・乳幼児:脂肪酸組織は母乳に良く似ており、乳幼児の脳の発達を促進する効用がある。

・歯・口腔内:歯茎を健康にする。

・被爆:X線や放射線から体を守る効能(ただし動物実験のみ)

★ざっと調べただけでも、こんなに良い効果があることに驚きました。
オリーブオイルは、昔から体に良いと言われているのが分ります。

ビタミンを多く含むのは、エキストラバージンオイルと言われる、オリーブの果実からのみ採取した加熱していない高品質のオイルだそうです。

どのサイトでも、オリーブオイルのカロリーは他の油と同じカロリーなので、過剰に摂取してはいけないと書かれています。適量は1日おおさじ1〜2杯のようです。
もこみちさんに、過剰はいけませんよと伝えたいですね。
★各種エクストラバージン・オリーブオイルはこちら>>楽天サイトへ

ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ九州へ西日本へ
外国へ 
朝ドラ 大河ドラマあらすじ 



スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 16:08 | Comment(0) | オリーブオイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。