スポンサードリンク

2014年10月30日

脳梗塞で入院の磯野貴理子!治療は血栓除去デバイスソリティアか?

今日2014年10月29日はタレントの磯野貴理子(いその きりこ)
さんが脳梗塞で緊急入院したことが多くのテレビ局で大きなニュースになりました。

幸い礒野貴理子さんは23歳年下のご主人が異変に気づ
いてすぐ救急車で病院に運んでくれたので大事に至ら
なかったそうです。

しかし、貴理子さんは体調不良を訴えたというだけでどん
な症状だったのか詳細はわからず、治療法も知らされていません。


脳梗塞のことも話題になっていて、治療最前線と称して
血栓除去デバイスソリティアによる最新治療法のことが放送されびっくりしました。

病院を離れて長いので医療ニュースは見ていたつもりな
のですが知らなかったのです。

脳梗塞とは

脳の血管が詰まってその先に血液が届かなくなり、脳細胞
が死んでしまう病気です。

症状は舌がマヒしてろれつが回らなくなったり、身体の
片側の手足がマヒしてしびれたり動かなくなったり、目
が見えなくなったり、物が二重に見えたりします。

このような症状がでたら、すぐに救急車で脳外科医のいる
病院へ行きましょう。

脳梗塞の急性期治療法は

1)血栓を溶かす方法

脳梗塞が発症して4.5時間以内なら、t-PAという血栓
(血のかたまり)を溶かす薬を血管に注射して血流を
復活させます。

しかし、4.5時間が過ぎてしまった場合や、出血の危険
がある場合などはこの治療はできません。

2)血栓をかき出す血管内治療

最近注目されるようになったのは、従来の血栓を溶かす
治療ができないまたは効果がなかった場合に行う、
血栓をかき出す血管内治療です。

ソリティア(Solitaire)は脳梗塞発症から8時間以内
に行う
最新の血管内手術器具で、血栓の回収率が高く、
早期に血流が再開できるそうです。

ソリティアはステント(金属の網目状の筒)が血栓内で広
がって、血栓をからめ取りその血栓をステントごと引き抜い
て血流を再開させます。

手術は血管造影画像を見ながら行います。

2014年7月から保険も適用になり、うれしいことですが、
この手術ができる医師がまだ少ないのが問題です。
早く増えて欲しいですね。

脳梗塞の予防法

日本でもトップレベルの臨床経験を持つ脳神経外科の
プロフェッショナルである坂井信幸医師によると

脳梗塞の予防法は

1.塩分を控える。
2.タバコを吸わない。
3.お酒は3合以上飲まない。
4.適度の運動をする。

ということだそうです。これはいわゆるメタボリック
シンドロームの予防法と同じですね。

取材協力者 

坂井信幸医師 神戸市立医療センター中央市民病院 脳神経外科部長

脳動脈瘤に対するステント治療は、坂井信幸医師らが日本で初めて取り入れ、
誰よりも多くの経験を積んでいる。これまでに7,000例以上の脳血管内治療を手がけ、
そのスピード・正確性・安定性はずば抜けているとのことです。
【送料無料】 脳血管内治療の進歩2014 / 坂井信幸 【単行本】

ブログ元気元気トップページへ
元気ナースの趣味ブログへ>>
朝ドラと大河ドラマが大好きな365日

スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳梗塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

やる気がないのは隠れ脳梗塞かも!見分け方と簡単なリハビリ方法

NHKのためしてガッテンはよく隠れ〇〇〇という題名が多いですが、
隠れというのは、病気の前段階であることが多く、今晩の
隠れ脳梗塞は大変重要な内容でした。

寝たきりになったり、片麻痺になったり、後遺症で悩むのは
脳梗塞が一番多いと思われます。

これからの高齢化社会では、ますます増加することを考えると
脳梗塞を早期に発見できることは、すばらしいことです。

私が訪問看護師をしていた時、多くの患者さんが
脳梗塞の後遺症で大変な生活をしておられました。

それを見て私は、自分も家族もなんとか脳梗塞にならないように
また、早期に発見できるようにと考えていましたので
今日の放送は大変興味があり熱心に見ました。


隠れ脳梗塞でやる気がなくなる理由

やる気のスイッチというべきものは脳の中の線条体で、線条体に酸素や栄養
を送っている血管は、太い血管からわかれた穿通枝(せんつうし)という
非常に細い複数の血管なのです。


そのため、その血管のどれかが詰まると線条体の機能の一部が働かなくなって
やる気がなくなってしまうのだそうです。

細い血管が詰まりやすいのは高血圧の人が多いそうです。
血管が硬くなりやすい(動脈硬化)ですからね。

隠れ脳梗塞の見分け方

@急にやる気が低下した

・口数が減った。
・気持ちの抑揚がなくなった。
・周りがうながさないと何もしない。
・好きなことに興味がなくなった。
・将来の計画や目標がなくなった。


Aやる気の低下が1か月以上続いている

B血圧が上140(mmHg)、下90(mmHg)以上ある

※こういう症状が見られたら、神経内科や脳ドックを受診されること。
一般の脳梗塞は、頭痛、片方の手足のしびれ、ろれつが回らないなどの症状
がでます。

やる気リハビリとは

達成感を得ること

簡単なパズルなどで達成感を得ると機能が残っている線条体が活性化されて
やる気がでることが最近の研究で分かったのだそうです。

簡単な山に登るのもいいですね。私は最近近くの低い山によくのぼります。
頂上に立ったときの達成感はすばらしいです。
自然にやる気のリハビリになっているようですね。

一般の脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血、一過性脳虚血発作)でも
やる気の低下が起こることがあるので、やる気リハビリは、脳卒中のリハビリ
でも注目されているそうです。

病気がなくやる気のない人にも効果がありそうですね。


誰でもすぐできる、やる気アップの2つの速攻技

どうもやる気が出ない時、すぐできる2つの方法は

1.身体を動かすこと。

スポーツ心理学で取り入れられている方法で、
呼吸を速めると、脳が錯覚して、やる気が出るというのです。

呼吸が早くなれば、酸素の供給も増加するので
線条体がよく働くということもあるでしょう。

呼吸が速まれば、どんな運動でもよいそうです。


2.力強いポーズをとる

運動をしなくても、ガッツポーズなどの力強いポーズをとると
体内に男性ホルモンの一種であるテストステロン(女性もある)
が増加して脳のやる気のスイッチである線条体を刺激する
そうです。

まとめ

●隠れ脳梗塞の発見法
@急にやる気が低下した。
Aやる気の低下が1か月以上続いている。
B血圧が上140(mmHg)、下90(mmHg)以上ある。
場合は神経内科か脳ドックで隠れ脳梗塞の検査をしてもらうこと。

●やるきリハビリ
簡単なパズルなどで達成感を得ることでやる気がでる。
意外と簡単にできそうですね。

●やる気になる速攻法
呼吸が速まる運動をする。
力強いポーズをする。

隠れ脳梗塞の発見方法がわかって良かったです。
私はまだやるき満々なのでだいじょうぶかな?

スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳梗塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

しびれから分かる 脳梗塞 

主治医が見つかる診療所 しびれのSOSサインを見逃すな(2013年2月25日)で放送されたしびれからわかった脳梗塞の要点です。

担当医は 神奈川県立足柄上病院の野地雅人医師 

脳梗塞が見つかったケース
症状:左手の親指、人差し指、中指 唇の左半分がしびれた。
見つかった病気:脳梗塞⇒脳の血管が詰まり、脳細胞が壊死してしまう病気
死亡者数 約73000人(厚生労働省 平成23年人口動態調査より)

脳の梗塞場所が分かるしびれの症状
・右半身のしびれは左脳に梗塞    左半身のしびれは右脳に梗塞
・手と口が同時にしびれるのは視床に梗塞 手口症候群とも呼ばれる。
※視床とは:手足などからの情報を整理し、大脳に情報を伝える中継地点、よく梗塞が起きる場所である。

ペナンブラとは:脳梗塞などでダメージを受けても、完全には死んでいない、気絶状態の細胞の事。早く治療を開始すれば、ペナンブラが回復する可能性が高まるため、早期発見が重要。

脳梗塞の要因: 喫煙、多量の飲酒、偏った食事
 

 
自宅でカンタンに脳に異常があるかどうか見分ける方法
バレーサインによるチエック(立っても座ってもOK)
(1)両腕を前に伸ばし、肩の高さまで上げる
(2)手のひらを上に向けた状態で目をつぶる
(3)10秒間、水平を保てればOK

手が自然と回ったり、手が自然と落ちる兆候がバレーサイン
バレーサインがあれば、脳の病気の可能性あり、すぐに脳神経外科または脳神経内科へ

つぎ足歩行によるチェック
つま先とかかとをつけながら一直線に歩く。
脳に問題がある場合は平衡感覚が狂い、バランスを崩してしまう可能性がある。
体がふらついて、まっすぐに歩けない場合は、脳の病気の可能性あり、すぐに脳神経外科または脳神経内科へ

※大きくふらつかずに歩ければOK

しびれから脳に異常があるかどうかを見分ける方法(番組医師 神山医師)

・左右どちらか片方だけがしびれる
これまで感じた事がない、しびれが長く続く
これらの症状が出たらすぐに脳神経外科または脳神経内科へ

関連記事>>しびれから分かる病気 しびれ外来

ブログ元気元気トップページへ
最近気になる医療ニュースへ
朝ドラ 大河ドラマあらすじへ

スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳梗塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

大橋アナで注目 若年性脳梗塞 の前兆

テレビ東京の大橋未歩アナウンサー(34)が、軽度の脳梗塞を発症し、療養することが発表され(2013年1月18日)ました。

2002年7月にはMr.Childrenの桜井和寿が、小脳梗塞と診断され、1年以上休養。
2006年には、ナレーターの沼尾ひろ子さん(当時41歳)に脳梗塞を発症。
お笑い芸人の椿鬼奴(40)も、昨年テレビ番組で、過去に小さい脳梗塞の発症歴が明らかになり、近年、若年性脳梗塞(45歳以下の脳梗塞)が注目されています。

若年性脳梗塞の前兆

大橋未歩アナウンサーの前兆
体調不良とのみ書かれています。健康診断では高血圧、脂質異常症もなかったといいます。

沼尾ひろ子ナレーターの前兆
「運転中にすごい睡魔に襲われました。だるさと眠気、全身に鉄の鎧を背負っているような疲労感でした。
車を止めて30分、カーッと寝たんです。そのときから頭痛も始まりました。左目の奥が痛くて。
ずっと左側頭葉に重たい鉛があるようでした。」

頭痛外来を受診すると、すぐに大きな専門病院に回され検査入院。

「ご心配おかけしてと、仕事の人たちにメールをしようと思っても打てないんです。頭の中に文章もあるのに
、文字の配列が、ただの飾りにしか認識できない。ご心配の『ご』は? 『し』って何? と、まったくわからない」

沼尾さんは入院から5日目に脳梗塞を発症しましたが、病院で発症したため措置が早く助かったのです。
その後、失語症を克服するためリハビリに取り組み、1カ月で退院。3カ月後には仕事復帰し、2008年には「脳梗塞患者と家族のための自立支援の会」を発足させました。

医師が教える前兆
・脳梗塞の前兆は、「急に」「突然やってくる
・『あの……ほれ』など『物忘れがひどい』レベルとは違います。
・夫婦や家族で話している最中に、急にろれつが回らなくなり、意味不明なことを言ったりします
・いちばん多いのは、半身に力が入らなくなる症状
・バランスが取れずに、めまいやふらつき、景色が回転したり、床が揺れている感じを自分で支えられなくなるのです。

医師が教える注意点
・数分〜1時間で前兆は収まってしまうので、そのまま見過ごしがちだが、その後、本格的な発作が起こることが多い。
・脳梗塞の治療は一刻を争う。すぐに神経内科か脳神経外科のある専門病院に行くこと。
・予防には「血圧を上げないこと、太らないこと
水を飲むことも大切で、前出の沼尾ナレーターも、1日2リットルの水分補給を今も続けているそうです。

◆取材協力:東京都済生会中央病院の、神経内科専門 高木誠院長

高木誠院長の著書↡↡

出典:Yahooニュース 大橋未歩アナで注目の「若年性脳梗塞」医者が教える前兆
女性自身 2月1日(金)7時1分配信

関連記事>>テレ東 女子アナ 大橋の 若年性脳梗塞とは
ブログ元気元気トップページへ
最近気になる医療ニュースへ
朝ドラ 大河ドラマあらすじへ
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳梗塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

テレ東 女子アナ 大橋の 若年性脳梗塞とは 

テレビ東京の女子アナ、大橋未歩アナウンサー(34歳)が、軽度の若年性脳梗塞で入院、現在は退院して後遺症もないが、しばらく自宅で病気療養入ることが報道されました。
(2013年1月18日)

現在レギュラー出演する「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」(金曜、後9・00)は当面、
局アナの秋元玲奈アナ(27歳)が代役を務めるとのこと。

★大橋未歩アナは人気者ですから、活躍し過ぎで疲れたのではないでしょうか。
元ヤクルト・城石憲之内野手(現・1軍内野守備走塁コーチ)と結婚もしているのですから、きっと毎日大変だったことでしょう。ゆっくり休養してまた元気に復帰がいいですね。

大橋アナの 若年性脳梗塞とは
脳梗塞とは、脳動脈が狭くなったり、血の塊が詰まったりして、脳に酸素や栄養が届かなくなり、脳細胞が死んでしまう病気です。

脳梗塞は普通、高齢者の病気として知られていますが45歳頃までに発症した場合を若年性脳梗塞といい、30代・20代さらには10代でも発症するそうです。
大橋アナは34歳ということですから、若年性脳梗塞だということなのでしょう。

◆高齢者の脳梗塞と若年性脳梗塞とは、原因が異なる
高齢者に多い脳梗塞の主な原因は
動脈硬化や心房細動によるものが多いのに対し、

若年性脳梗塞の原因は、
自己免疫疾患である抗リン脂質抗体症候群や、特異な塞栓による奇異性脳塞栓症・もやもや病といったものが多いとされているそうです。

若年性脳梗塞の症状と治療
原因は違っても、脳梗塞になってしまえば、症状と治療は高齢者と変わりはなく
半身麻痺、歩行障害、手足のしびれ、脱力感、言語障害、激しい頭痛、回転性のめまい、視野狭窄など、
人によっていろいろな症状がみられます。

若い人はこういう症状があっても、疲れやストレスのせいだと思って見逃してしまう場合がありますから、注意することが大事です。

テレビ東京の大橋アナは、自分で気づいて早期に病院へ行ったから、後遺症もなく退院できたのです。
なにごとも早期発見が決めてですね。

関連記事>>脳梗塞の前兆 チェック方法 あさイチ

ブログ元気元気トップページへ
最近気になる医療ニュースへ
元気ナースの旅日記・東日本へ九州へ西日本へ
外国へ 
朝ドラ 大河ドラマあらすじへ 

スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 16:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脳梗塞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする