スポンサードリンク

2015年08月19日

日焼けの60%は目から!目からの紫外線で肌が黒くなる理由と対策

夏になると強い紫外線を恐れて、あなたも顔やボディに日焼け止めをぬったり帽子をかぶったり
対策をなさると思います。

ですが、日焼けの60%は目から入る紫外線が原因だということをご存知ですか。
案外知られていないのが、この事実です。

目からの紫外線で肌まで黒くなるとのこと。
どうしてなのでしょう。そのメカニズムを調べてみました。
続きを読む
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 紫外線対策 サングラスに注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

目の紫外線対策 サングラスは注意

背の高いスラッとしている友人が、この夏、サングラスをかけて、さっそうと公民館に入って来ました。
あまりにカッコよかったので、思わず「ステキねー、似合うわよ。」と言ってしまいました。
本当に格好いいのです。 外から目が見えないからでしょうか。

でも、その後で、気づきました。
確か、サングラスは、かえって目に良くないということを、どこかで聞いたのを思い出したのです。
その時は、はっきりしなかったし、ほめたばかりだったので、何も言えませんでした。

それで、早速調査。ためして合点で放送されてました。

目の健康のために、紫外線を直接カットするなら、サングラスが効果的ですが
色が濃すぎると逆効果になるので注意して下さい。とあります。

暗い場所でものを見るときは、より光を取り入れようと瞳孔が開きますから、黒目に入る紫外線量が逆に増え、こんどは白内障などのリスクを高めてしまうからだそうです。

サングラスの濃さは、外から見て、目の輪郭が見える程度にしてくださいとのこと。

友人のサングラスは目が見えなかったような気がしたけど。

横から入る光も遮断するために、形は顔にぴったり沿ったものや、つるが太いものを選びましょう。
最近は、透明なレンズでも紫外線がカットできるものも多くありますからそちらを利用するのもいいですね。

つばの広い帽子も効果的です。

★それから注意すべきことは

目の紫外線対策は意外と誤解が多くて、紫外線を避けて、朝や夕方に屋外で活動する方が多いのですが要注意です!

紫外線が一日のうちで最も多く降り注ぐのは、太陽高度が高い、午前10時から午後2時の時間帯。
しかし、目に入ってくる紫外線の量は、実は朝や夕方のほうが多いんです。
これは、太陽の高さが低い朝や夕方では、視線の先に太陽が位置し、直射日光が目に入るためです。

この時間帯こそしっかり対策しましょうとのことです。
勉強になりました。 この記事友人が読んでくれていると良いのですが。

ブログ元気元気トップへ
2010年4月より、旅日記を元気ナースの旅日記」に分離しました。↓こちらもどうぞよろしく。
元気ナースの旅日記・東日本トップへ
九州トップへ西日本トップへ
外国トップへ 
2011年6月より朝ドラ おひさま キャスト開始です。





スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 11:37 | Comment(0) | 紫外線対策 サングラスに注意 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする