スポンサードリンク

2012年03月19日

105歳 長寿の秘訣 一口30回噛む

つい最近聖路加病院の日野原先生が現役のお医者様で100歳の誕生日を迎えられたと大騒ぎをしたのですが、さらにその上を行くお元気な長寿者がおられたとのことで、びっくりです。

お名前は公表されていないようで、ヤフーニュースには地三郎さんと書かれていました。
つい先日105歳の誕生日を迎えられた現役の教育学博士とのこと。

順天堂大学大学院医学研究科・加齢制御医学講座の白澤卓二教授のお話ですから、まちがいないでしょう。

地三郎さんは、100歳を期して始めた世界一周講演旅行は今年で5回目、これまでに35か国以上の国を訪れたというほどお元気なのです。

地三郎さんの長寿の秘訣は、「常に夢をもって努力すること」。「健康は影なる努力によって保たれる」をモットーに生きておられるそうです。

意外にも、地三郎さんは子供の頃は体が弱く、しょっちゅう風邪を引いていたのですが、地三郎さんが3歳になった時、母親が「一口で30回噛みなさい」と教えてくれたそうです。
地三郎さんはその母親の教えを102年間、実践し続け、現在まで元気でおられるとのこと。

確かに、つい最近の研究でもよく噛むこと(咀嚼)は健康や脳に良いことが分かり、アンチエイジングにつながることが発表されました。

良く噛むことの効果
1.唾液分泌が増加して消化吸収が良くなる。
2.唾液の増加により、虫歯や歯周病を予防する。
3.脳の血流が増加して、脳が活性化される。


3.について、咀嚼しながらMRI検査を行うと、
若い人は咀嚼筋を動かしている脳の運動野だけが活性化されているが、
高齢者は運動野だけでなく、前頭葉や側頭葉も活性化される。
というのです。

実際地三郎さんのMRI画像を見た医師は地三郎さんの脳年齢は40歳だと驚いたそうです。
海馬の萎縮が認められず、若者のような記憶力で、100歳を過ぎてからポルトガル語を学んだといいますから驚きです。
その意欲がすばらしいです。(ソース:週刊ポスト2011年12月23日号)

★以前メタボ予防に、太りすぎを防ぐため、箸をおいて一口30回噛むことが良いと学びましたが、
それだけではなく、老化予防にもすごいのですね。 一口30回をぜひ実行しようと思います。

日野原先生もそうでしたが、子供時代身体が弱かった人に長寿の方が多いように思います。
健康に気をつけるからでしょうか。

私も幼児のころ、3日にあけず発熱して、幼稚園は月謝を払うだけのようでしたが、年をとるにつれて元気になってきていますので、望みがあるかも知れません。
一口30回を忘れずこれから実行します。

関連記事>>よく噛む ダイエット NHK 
ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ九州へ西日本へ
外国へ 
朝ドラ 大河ドラマあらすじ 



スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 15:39 | Comment(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

たけしのみんなの家庭の医学 若返り&長生き

たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学『名医が認めた!若返り&長生きできる4つのキーワードSP』2011年11月29日(火) 19:00〜21:48 テレビ朝日放送で、

長生きと聞いては、見逃せません。約3時間、テレビにしがみついて見ていました。

あまりに情報が多くて、記憶に残っているのは、長生きでユーモラスだった双子姉妹・成田きんさんと蟹江ぎんさんのことです。
【送料無料】きんさんぎんさんが丈夫で長生きできたワケ

中でも、ぎんさんには4人の娘さんがいらっしゃり、平均年齢は92歳という長寿。

年子さん(98)、千多代さん(93)、百合子さん(91)、美根代さん(89)の4姉妹は、母ぎんさんの5つの健康の教えを今も守っているという。

この教えこそが、長生きの秘訣だと、直感しましたねえ。
この教えの中にすべての秘訣が含まれていると思いました。

だれでも実行できる、教えですから。

  1. 自分のことは自分でやる

  2. うちに閉じこもってばかりいるな

  3. 笑う門には福来たる

  4. 感謝の心を忘れるな

  5. 魚を食べる


単純明快で本当にすばらしい教えです。
最低限これだけは守ろうと、決心しました。
とりあえず、メモしておきます。

ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記・東日本トップへ
九州トップへ西日本トップへ
外国トップへ 
朝ドラ あらすじ
           
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 12:29 | Comment(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

NHK 長寿遺伝子 白澤教授(2)

NHKスペシャルで長寿遺伝子を知ってからは、日本抗加齢(アンチエイジング)医学会会長の白澤卓二教授に興味を持ちました。

彼のプロフィール(あの人けんさくスパイシーより)

白澤卓二
1958年神奈川県生まれというから、現在53歳ですね。確かに若く見えます。

千葉大学医学部卒業、同大学大学院医学研究科修了、医学博士。
現在、東京都老人総合研究所老化ゲノムバイオマーカー研究チームのチームリーダー・研究部長。
日本抗加齢(アンチエイジング)医学会会長。

専門は寿命制御遺伝子の分子遺伝学、アルツハイマー病の分子生物学など。

日本テレビ系『おもいッきりテレビ』をはじめ、健康番組でのわかりやすい老化防止対策解説で定評がある。

おもな著書に
『長寿と遺伝子』『健康寿命を延ばす』『アンチエイジング・クッキング』などがある。(2007年12月現在)

この書き込みは2007年だから、現在はもっと多くの著書があり、皆読みたいが、まず読みたいのは
これです。

【送料無料選択可!】100歳までボケず、元気に生きる101の方法 「年齢より若く見られる人」の秘...

<内容>

100歳までボケず、元気に生きる101の方法 「年齢より若く見られる人」の秘密 1日10分のアンチエイジング
何もしなければ、見た目も内蔵・脳も、確実に老化します。頭と体と心をどう使うか。
(単行本・ムック) / 白澤卓二/著2011/04発売

★1日10分のアンチエイジングがよさそうです。楽にできることばかり考えてます。

私がお手本と考えている、三浦敬三さんや日野原先生のことも書かれているそうです。

ブログ元気元気トップへ
2010年4月より、旅日記を元気ナースの旅日記」に分離しました。↓こちらもどうぞよろしく。
元気ナースの旅日記・東日本トップへ
九州トップへ西日本トップへ
外国トップへ 
2011年6月より朝ドラ おひさま キャスト開始です。
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 09:45 | Comment(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

NHK 長寿遺伝子と白澤教授 (1)

合気道のお稽古の帰り、車の中のラジオで、NHKスペシャルで覚えた長寿遺伝子の話が出ました。
興味を持って聞いていたら、白澤教授という、アンチエイジングの専門家のお話でした。

NHKでは、人間の誰でもが持っている長寿遺伝子を目覚めさせてオンにするには、30%のカロリーを減らすか、赤ぶどうの皮に含まれているレスベラトロールという成分を多量?に摂取する方法について放映されました。

しかし、白澤教授は、それだけではないとおっしゃるのです。3つの方法があると。

1.カロリーを減らす。
2.適度の運動をする。
3.生きがいを持つ。

この3つだそうです。

1.については、NHKと同じですね。

2.白澤教授がすすめた運動は、3分ごとに速歩きとゆっくり歩きを繰り返し、5サイクルで30分を
一週間に5日続ける方法です。 これなら出来そうですね。

3.生きがいは、恋をするのが一番ですが、なんでもどきどきするようなことをいつもすれば良いそうです。

周りを見回すと、長生きしている人は皆やっていることのようですね。

白澤教授の著書はこちら>> ボケない100歳2309人がやっていること (アスコムBOOKS) (単行本・ムック) / 白澤卓二/著

ブログ元気元気トップへ
2010年4月より、旅日記を元気ナースの旅日記」に分離しました。↓こちらもどうぞよろしく。
元気ナースの旅日記・東日本トップへ
九州トップへ西日本トップへ
外国トップへ 
2011年6月より朝ドラ おひさま キャスト開始です。
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 17:35 | Comment(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

NHK 長寿遺伝子 レスベラトロール 副作用

2011年6月12日放送の「NHKスペシャル」で長寿遺伝子のことが放映されて以来、長寿遺伝子サプリ
レスベラトロールが一時売り切れる程の人気だという。

長寿遺伝子の詳細はこちら>>【送料無料】レオナルド・ガレンテ「長寿遺伝子」を解き明かす

カロリーを30%減らせば、長寿遺伝子のスイッチがオンになって、長生きすることは証明されたのですが、そのダイエットをしたくない人達が手軽に長生きしようと、レスベラトロールを求めているのです。

ダイエットをしなくても、長寿遺伝子が作るたんぱく質「サーチュイン」を活性化すれば長寿が実現することが分り、その活性を高める物質を探し出す試みが盛んになされました。

その結果、赤ワインにも含まれるレスベラトロールが注目されました。

東京大学の研究で、この物質(レスベラトロール)はサーチュインを活性化させ、血管内皮細胞の動脈硬化を防ぐ機能を高めることがわかりました。

それで、色々のメーカーがレスベラトロールのサプリメントを製造していますが、赤ワインを数十本も飲むような分量のレスベラトロールを含有するサプリを飲んで、大丈夫なのでしょうか。疑問です。

まだ、正確な適正分量等、分っていないのではないでしょうか。

副作用が心配で、調べたところ、2010年1月23日放送のNHKサイエンスゼロで、サーチュインの活性化により、皮膚がんの一種・メラノーマの転移が起こりやすくなることを示唆する報告があり、そのメカニズムにはまだまだ未知の部分も多いことが分りました。

すぐにサプリに飛びつくよりも、腹7分か8分を心がけ、普通に赤ワインを楽しむのがよさそうです。
【送料無料】長寿遺伝子をオンにする生き方

ブログ元気元気トップへ
2010年4月より、旅日記を元気ナースの旅日記」に分離しました。↓こちらもどうぞよろしく。
元気ナースの旅日記・東日本トップへ
九州トップへ西日本トップへ
外国トップへ 
2011年6月より朝ドラ おひさま キャスト開始です。
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 21:39 | Comment(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。