スポンサードリンク

2014年06月24日

レスベラトロールも研究データ改ざん!長寿作用は無いことが判明?

製薬会社ノバルティスファーマ元社員による高血圧の降圧剤バルサルタン(商品名ディオバン)
の治験で、研究データが改ざんされたことが何度もニュースになり、研究の信頼がなくなって
悲しいですが、

長寿作用があると言われたレスベラトロールの研究データも改ざんが発覚していたのだそうです。

レスベラトロールのサプリも出現して長生きしたくて常用している人もずいぶんいるようですが、
これを知ったらどう思うでしょうね。

レスベラトロールの話が出た時、長寿の研究に興味がある私ですが、よく理解できなかったので、
あとでまた勉強しようぐらいに思っていたのでした。

ましてたった一つの成分をサプリにしたもので、新しくできたものは飲む気にはなれませんでした。
効果も疑わしいですし、安全性も心配。
食べ物は複合的な成分で効果があるのだと思っているからです。

レスベラトロールの研究データの改ざんが発覚したからでしょう、
米ジョンズ・ホプキンス大学の医師が「レスぺラトロールの効果に疑問」という調査結果
を発表したとのこと。


調査方法

調査場所:ワインの産地で有名なイタリア・トスカーナ州のキャンティ地方
調査時期:1998年〜2009年
調査対象者:レスベラトロール豊富な食事を日常的に摂っていた
      65歳以上の男女783人

調査結果

9年間の追跡調査で、死亡者268人、心血管疾患発症者174人、がん発症者34人となり、
尿中レスベラトロールの濃度を検査したところ、濃度が最も高い人と
最も低い人の死亡率に有意の差はなく、

心血管疾患やがんの発症を予防する効果は認められず、
さらに、動脈硬化を反映する血中炎症マーカーにも、
何の影響もなかったそうです。

よって、研究者は「欧米型の食事パターンでレスベラトロールを摂っても、
心疾患やがんの発症、長寿に影響するとはいえない
と結論したとのこと。


レスベラトロールが注目された原因

フランスの食事は、動物性脂肪を大量に消費するのに、心筋梗塞の発症率が低い
という矛盾があります。

これは「フレンチ・パラドックス」と言われて、赤ワインが注目され、
赤ワインが抗動脈硬化作用、抗酸化作用、抗アルツハイマー病作用があることが
解明されました。

しかし赤ワインの成分の何が効果を発揮しているかが分からなかったため
赤ワインの一成分であるレスベラトロールのニセ研究が脚光を浴びたようです。


レスベラトロールの長寿作用があやしいことが分かったのですから、
赤ワインを飲むか、赤ワインの入った製品を食べればいいのでは
ないでしょうか。

そうすれば、抗動脈硬化作用、抗酸化作用、抗アルツハイマー病作用
によって、長生きできることは明らかですからね。

現に、日本の最初の女性報道写真家としてもうすぐ100歳になる
現在も現役の報道写真を撮り続けておられる笹本恒子さんは
毎晩夕食にごはんがわりに赤ワインを飲んでおられることで
有名です。

赤ワインに長寿作用があることは明らかだと思われるのです。
バッドボーイ 2008年 (赤ワイン・フランス)

バッドボーイ 2008年 (赤ワイン・フランス)


残念ながら私はアルコールには弱いので、もう一つ長寿作用のある
チョコレートを食べています。

何しろ122歳まで生きた世界一の長寿者と2番目の長寿者の大好物
はチョコレートだったということですから。



スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月21日

長野県 男女ともに長寿日本一の秘訣

長野県が、男女ともに最も長生きであることが分かったのは、5年ごとに国が調査している都道府県別の平均寿命です。

長野県の男性の平均寿命は80.88歳で、5回連続1位
女性は87.18歳で、昭和50年の調査から、常に1位だった沖縄県を抜いて初めて1位になりました

全国平均と比べると、男性は1年3か月ほど、女性も10か月ほど、平均寿命が長いという結果です。
なぜ長野県が全国一の長寿県になったのでしょう

長野県の平均寿命が伸びた秘けつは「減塩」と「寝たきり防止」だそうです。

秘訣1:食生活の改善で減塩
長野県は昭和50年代から食生活の改善に取り組み、昭和56年に初めて一日当たりの塩分摂取量の数値目標を掲げ、取り組みを進めてきました。

しかし、県民1人が一日に摂取する平均の塩分量は、最も多かった昭和61年には15.1グラムと、全国でも高い水準でした。
このころの病気ごとの死亡率をみると、「がん」の死亡率が男性がピークの昭和55年に全国5番目、
「心疾患」の死亡率は昭和60年にピークを迎え、男女ともに全国的に高い状態でした。

その後、高齢者を対象に、ほぼすべての市町村で料理教室を開くなど、食事の塩分を控える取り組みを進めてきた結果。
平成22年の一日当たりの塩分摂取量は11.5グラムと、ピークの昭和61年の4分の3程度に減っているということです

☆塩分を4分の1減らすだけで長生きできるのなら、簡単にできそうですね。

秘けつ2:寝たきり防止の介護予防
介護を受ける状態にならないように、「寝たきり防止」の取り組みが長野県のすべての市町村で行われています。

体を動かす力や、食べ物を食べる力を維持する講座も各地で、開かれていて、長野県の高齢者がこうした教室へ参加する割合は全国トップクラスだそうです。

厚生労働省も、こうした取り組みが長寿につながったと分析していて、
かつては長野県でも高かった「がん」による死亡率は、平成22年の統計で、長野県では男性が全国で最も低く、女性も2番目に低くなりました。
また「心疾患」の死亡率も男女ともに低い数字に抑えられているということです。

長野県の今後の取り組み
長野県は新年度からの5か年計画の目標は「健康長寿『世界一』の信州」だそうです。

☆日本一にとどまらず、世界一をめざすなんてすばらしいですね。

そのために取り組もうとしているのが、「生きがいを持った暮らし」とのこと。
高齢者にボランティア活動に参加してもらったり、仕事に就いてもらったりすることで、寿命が長いだけでなく、生活の質を高め、いきいきと暮らす「健康長寿」の県にしたいのだそうです

☆日本全国、長野県を見習うといいですね。長野県は医療費も日本一少ないそうですから。
(出典:NHKニュース 男女ともに長寿日本一 秘けつは3月1日 17時45分)

佐久市のぴんころご膳
佐久市では、健康のまま天寿を全うする意味の「ピン・ピン・コロリ」にあやかり、生活習慣病予防と健康増進を目的に「ぴんころ運動推進事業」を展開しています。

この事業の中のひとつに、「ぴんころ御膳」の開発があり、カロリーや塩分を控えて、地元の食材を取り入れた「ぴんころ御膳」の普及を図っています。

そこで、家庭でも手軽にできる「ぴんころ御膳」の発掘や普及を目的としてコンテストが開催されました。

☆これらのぴんころご膳は、家庭でも簡単にできるものばかりですので、健康長寿を願う方はご参考にされてはいかがでしょう。佐久市ホームページで検索すると見ることができます。

ブログ元気元気トップページへ
最近気になる医療ニュースへ
朝ドラ 大河ドラマあらすじへ 

スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 18:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

肉食で長寿に?

モーニングバード 「アカデミヨシズミ〜元気な高齢者は肉食? “肉のパワー”を科学する」(2013年2月25日)で、肉食の方が長寿になるということが放送されてびっくりしました。

いくらなんでも肉食が多すぎでは体に悪いだろうと思いながら見ていました。

取材協力者:人間総合科学大学 保健医療学部 医学博士 柴田博学部長
住所/埼玉県さいたま市岩槻区太田字新生寺曲輪354-3  TEL/048-758-7110

柴田博学部長の著書 肉を食べる人は長生きする⇓⇓

肉食が良い理由
アルプミンという肉類に多く含まれているタンパク質の一種が、
「筋肉」や「血管」、さらには人間を様々な病気からを守る「免疫細胞」等を作るのに不可欠な物質である。

体内でアルブミンを作り出す力は加齢に伴い衰え、アルブミンが不足すると細胞が弱ってしまうので、
高齢者は積極的に肉を食べ、アルブミンを補給することが大切

肉を食べると、他の物を食べた時よりも体温が高くなる
肉のタンパク質を消化吸収するときは他の食品のときよりも胃腸の動きが活発になるため、発熱量が増加する。それで体温が高い状態が長く続くので、免疫力が上がり、長寿につながる。

肉食で寿命が延びた村
番組で、秋田県・大仙市南外(旧・南外村)を訪ねて、お話を伺ったご夫妻(夫83歳、妻77)は
毎日必ず食事に肉を取り入れている」そうです。

こちらの村の平均年齢は1985年の段階では74.67歳で「全国で3番目に寿命の短い村」だったそうでが、
柴田学部長をはじめとする研究チームが足を運び、肉を食べる機会が少なかった高齢者に「積極的に肉を食べるように」と直接指導にあたった結果、5年間で男性1.3歳、女性1.8歳も平均寿命が延びたといいます。

☆こちらの高齢者は、肉食が足りなかったのだと思われます。それで、効果が出たのでしょう。

肉食とコレステロール
「悪玉コレステロールや中性脂肪が多いために肉食を避けている人は多いけれど、悪玉や善玉という名前は間違っている。コレステロールというのは1種類のみで、単に全身から余分なコレステロールを回収して肝臓に戻ってくるものが“善玉”と呼ばれ、逆に肝臓から全身に送られるものが“悪玉”と呼ばれているだけ」だと柴田学部長。

やっぱり悪玉多すぎはダメ
悪玉と呼ばれるほうのコレステロールが多すぎると、確かに「血管の内側に余分なコレステロールがへばりついてしまい、脳梗塞や心筋梗塞の原因になりかねない」。

少なすぎても「コレステロールを材料に作られる細胞の壁が弱体化してウイルス類が侵入しやすくなったり、血管の壁が薄くなって脳出血を起こす場合がある」のだそうです。

結論
高齢者は体内のコレステロールが少なすぎる場合が多いため、積極的に肉を食べたほうが良い」と柴田学部長は指摘しつつ、。

バランス良く何でも食べることが長寿の秘訣」とおっしゃり、以下を「柴田流・肉食のススメ5カ条」と名付けて提唱されているそうです

●魚と肉との摂取量は1:1。
●様々な種類の肉を食べる。
●緑黄色野菜などの、多種の野菜を食べる。
●食欲がないときは、おかずを先に食べてご飯を残す。
●色々な味付けをして食べる。


★最後まで見て、思わず笑ってしまいました。肉食だけを勧めておられるのかと反発しながら見ていたのですが、そうではなかったのです。

コレステロールや中性脂肪の高い中年はやはり肉食を多くするのはいけないのです。
魚と肉が1:1であれば、それほど脂肪過多になることもないでしょう。

高齢者はコレステロールを作る力が下がり、コレステロールが足りなくなるので、肉食を若い時よりは増やすのが良いということだと思います。

閉経後の女性の半数以上がコレステロールが多すぎなのですから、魚を減らして肉にするのは良くないと思われます。
我が家でも、魚と肉は1:1、家庭菜園でとれる多種類の新鮮な無農薬野菜をたくさん食べています。
これでいいのだ」と安心しました

ブログ元気元気トップページへ
最近気になる医療ニュースへ
朝ドラ 大河ドラマあらすじへ 
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

106歳 日本人 世界一周 ギネス認定

106歳で世界一周 最高齢でギネス認定という表題を見たとき、まさか日本人だとは思いませんでした。
記事を読んでいるうちに、以前何回かテレビや新聞で見たことのある人で、90歳を過ぎてから中国語を学んだり、一口30回よく噛んで食べるのが長寿の秘訣と提唱していた人でした。

その人は、福岡市南区の障害児教育施設「しいのみ学園」の創設者で福岡教育大名誉教授のf地(しょうち)三郎さん(106歳)です。

f地さんは2012年8月16日、1カ月にわたる世界一周の講演旅行から帰国した福岡空港で「公共交通機関を利用して世界一周をした最高齢者」としてギネス世界記録に認定されました。

今回の講演旅行は、7月16日に福岡空港を出発。北米や欧州など(カナダやブルガリアなど)の9カ国
を訪問し、南アフリカのケープタウンで開かれた国際心理学会で講演されたのです。

記録達成の条件は「赤道と全ての経度を通過し、総旅行距離3万7千キロ以上」。今回の旅行距離は約5万6700キロに達し、見事クリアされたのです。

f地さんは99歳(100歳?)の時に幼児教育や健康法をテーマに世界各国で講演して以来、
ほぼ毎年講演旅行をするようになり、今回で7回目。8月16日が106歳の誕生日でした。

福岡空港に降り立ったf地さんは「これからも長生きを頑張るぞー」と満面の笑みで語り、

誕生日ケーキに笑顔で入刀した昇地さんは疲れた様子も見せず「私は生涯、疲れたと言ったことはない。
4年後に横浜で開かれる国際心理学会に出ることが次の目標」と力強く語ったとのこと。

★すごいですねえ。106歳ですよ。信じられないくらいです。
たしか、幼少時代は身体が弱くて、よくお腹をこわすので、お母さんに「食事は一口30回よく噛んで食べなさい」と言われて以来、その教えを現在まで守って長生きしているとおっしゃったのが今も印象に残っています。

元気で長生きを目指す私・元気ナースは、もっとf地さんを研究すべきだと思いつきました。

◆さっそく昇地さんが提唱する十大「習慣健康法」です。
(1)まず笑顔・ユーモア
(2)冷水摩擦
(3)棒体操
(4)祈る
(5)一口30回噛む
(6)語学講座を聞く
(7)新聞を読む
(8)口八丁
(9)日記を書く
(10)上を向いて寝る(背骨・腰を伸ばす)。

★ちょうど106歳の誕生日に帰国したのは計画どおりだったのでしょうね。
まずはユーモアを大事にする人ですから。
この十か条実行するのは大変ですね。

ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ九州へ西日本へ
外国へ 
朝ドラ 大河ドラマあらすじ
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

元気で長生きの秘訣 長寿ホルモン

主治医が見つかる診療所で、元気で長生きする秘訣、3つのポイントが紹介されました。

1つ目のポイント:元気に長生きの鍵をにぎっているのは、長寿ホルモン長寿ホルモンとはアディポネクチンのことで、長寿ホルモンの効能は、動脈硬化を主とする生活習慣病を改善する。
『血糖』『中性脂肪』『血圧』を下げる
『血管の炎症を押さえる』
『肝臓』『筋肉』での脂肪燃焼を助ける
・ 若返り遺伝子(サーチュイン遺伝子)を活性化する

※元気で長生きしている人は長寿ホルモンが多いことが判明しました。

2つ目のポイント

長寿ホルモンは内臓脂肪から出る
・しかし、内臓脂肪が増え過ぎてしまうと逆に出にくくなってしまう

3つ目のポイント:内臓脂肪が多すぎる人が内蔵脂肪を減らす方法
油は油で落とせ:脂肪肝、内臓脂肪、血管の付近についた脂肪は、レシチンという油の一種でおとす。レシチンはコレステロールや中性脂肪を低下させ、卵黄、大豆、ピーナッツ油、ごま油などに含まれる

歩く:1日のうちで仕事、通勤、趣味を含め合計で1万歩もしくは1時間歩く。

格好を付ける:お腹を引っ込め、胸を張って最大歩幅であるくとインナーマッスルが同時に鍛えられ15分でも1万歩に匹敵する効果がある。

筋肉を増やす:スクワット、階段の昇り降りで筋肉を作る。筋肉量の多い人は、睡眠中でもカロリーを消費する。

快眠:快眠すると成長ホルモンが出て脂肪が燃える。

食事のチョイ減らし:1日の食事から150kcalを減らす。一生続ける。
150キロカロリー目安:メロンパン3分の1、ごはん軽く1杯 インスタントラーメン半分 食パン6枚切りの1枚、唐揚げ2個、アーモンドチョコ6個 のどれかを一日の食事で減らす。

★一番簡単にできそうなのが、食事のちょい減らしでしょうか。一日でメロンパン3分の1ぐらい減らすのできそうです。

アディポネクチンを増やすサプリメントも出ていますね。↓
この商品は楽天市場より購入できます。お買い求めの際は、クリック先のショップにて、詳細をご確認の上、
購入手続きをおとりください。↓

ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ九州へ西日本へ
外国へ 
朝ドラ 大河ドラマあらすじ
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 22:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。