スポンサードリンク

2017年07月24日

長生きなのは痩せ型と小太り型のどっち?それは年齢によるらしい

最近の日本の研究では、「ちょっと太っている人
の方が長生きだ」という結果が出ているそうです。

そのせいか、65歳をすぎた人が、ダイエットを
しようとすると、「年取ったらダイエットはしな
い方がいいんだってよ」と太っている高齢者が
忠告するという現象が起きています。

反面、90歳を過ぎても元気な高齢者に、太って
いる人は見当たりません。

一体、痩せ型と小太り型のどっちが長生きなんで
しょう。

そのことについて、
『アンチエイジング・バトル最終決着』(朝日新書)
という話題書を上梓した坪田一男・慶應義塾大学医学部教授
(日本抗加齢医学会の理事長)の解説が、

2014年4月12日のNEWSポストセブンに掲載されて
いましたので、要点をメモしておきます。

◆スウェーデンの研究から

スウェーデンの研究は、他の研究と違って、解析期間が長く30年。

小太りグループと標準体重グループで比べると

最初の10年は、死亡率や心血管系イベント発生率で差はない。
10年を超えると差が出てくる。
つまり、小太りの弊害はかなり時間が経ってから現れる。

❖40〜50歳ぐらいまでは

小太りが2型糖尿病や高血圧などの生活習慣病や、一部のがん、
関節炎などのリスクを高めることは分かっています。

従って40〜50歳ぐらいまではBMIが低い(やせ型)ほうがリスク
は低いはず。
小太りは肥満に移行しやすく、一度太ると体重は戻りにくくなる。

❖65歳以上は

栄養不足やタンパク質不足によるリスクのほうが大きくなるので、
この年代だけを対象に調査すれば、小太りが長生きという結果に
なるということです。

◆結論

若い頃から中年までは標準体重をキープし、高齢になったら
栄養不足にならないよう、小太りになるのがベストです

とのことです。
なるほどね!

でもどうして65歳以上になると、栄養不足やタンパク質不足
になるのでしょうか。

必要がなくなるのではないかとも思います。それが行き過ぎて
は、長生きできないのかもしれません。

スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月29日

きんさんぎんさんの長生きの秘密は長寿ホルモンだった!増やし方は

106歳と107歳まで長生きした双子のきんさんとぎんさん
の長生きの秘密は長寿ホルモンだったのだそうです。
(2015年10月28日放送のためしてガッテンより)

長寿ホルモンとは、なんとあのアディポネクチン。よく聞く名前ですよね。
もう一度アディポネクチンについて調べてみました。
続きを読む
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

年齢より若く見える人は細胞分裂の間隔が長い!分裂を遅らせる方法

定年退職をして10年、最近よく同窓会に誘われるようになりました。
そろそろ亡くなってしまった人もあり、がんを患っているひともいる
年齢になりました。

5年ぶりに中学校の同窓会に出てびっくりしました。ずいぶん若く
見える人と老けて見える人がいるのです。

私はいつも若い、若いと言われていますので、若く見えるのだろうと思っていましたら、
やはり同窓会でも「あなたが一番若く見えるわよ」と言われました。

年齢より若く見える人と老けて見える人の違いは何なのかと思っていたら
ヤフーニュースに、面白い記事がありました。

続きを読む
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

長寿の秘訣は毎日卵を食べること?115歳世界1位と2位の生活習慣

世界の長寿者1位と2位の115歳の女性2人の生活習慣を調べたところ
2人とも卵が好きで、毎日食べ続けていたことが分かったそうです。

長寿の秘訣は毎日卵を食べることではないかと調べてみました。続きを読む
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月20日

長寿の秘密はチョコレート?中性脂肪もコレステロールも下がった!

images.jpgchoko

ギネス世界記録認定最長寿者である

フランスのジャンヌカルマンさん(女性122歳で死亡)が

チョコレートが大好きで、毎日(週1kg)食べていたということを
知り、びっくりしました
野菜は嫌いで、しかも喫煙者だったそうです。

 

毎日143gものチョコを食べて、122歳まで生きたということは

チョコレートは身体に良いということの証明だと私は思いました。

それだけではありません。彼女はなんと85歳からフェンシングを始め、100歳まで自転車に乗っていた、
というのですから驚きです。
ただ長生きしたのではなく、健康長寿だったのです。


チョコレートのポリフェノールが身体に良いことは知っていましたが、

これほどとは思いませんでした。

なにしろ甘いので、太ると思っていたからです。





◆健康効果の秘密は発酵にある

ためしてガッテン(2014年4月16日)によると、健康効果の秘密 は

チョコが発酵食品だからなのだそうです

カカオ豆を1週間発酵させるとチョコレートの元ができ

1000種類もの香がでるようになり、
カカオポリフェノールが高分子ポリフェノールになり、
抗酸化作用が増加して傷を治したり、

血管を丈夫にして血圧を下げるようになるとのこと。

まだ研究中とは言うものの、チョコレートの健康効果が

12種類も紹介され驚きました。

 

1.肥満抑制 2.虫歯予防 3.歯周病予防 4.がん予防 5.認知症予防 6.抗鬱効果 7.コレステロール抑制 8.血圧低下 9.ピロリ菌撃退 10.抗インフルエンザ 11.傷が治る 12.整腸作用

特に 血圧低下 傷が治る 整腸作用は EUの食品安全機構が認めているそうです。

 

◆医療でも利用している

実際に日本でも埼玉医科大学をはじめとして 20以上の病院で、

チョコレートを治療に使っているそうです。

救急医療の現場では、チョコレートを食べさせると

普通は1週間かかる傷が4日で治るなど、驚くほど効果があるのだそうです。

病院食が苦手な患者にチョコレートを食べさせたり、

飲ませたりすると 元気になるといいます。

 

◆私の疑問について調べてみました


ためしてガッテンではよく説明しなかった私の疑問 について、

他で調べてみました。

疑問1.甘いのに肥満を抑制するのはなぜ?

カカオの脂肪分解抑制効果により、脂肪が吸収されにくくなるので太らない。

 

なるほどコレステロールも下がるわけです。

チョコレートダイエットというのもあるそうで、驚きました。

チョコレートダイエットの方法は

カカオ70%以上の板チョコを一日半分(50g)、毎食前に少しずつ食べると 血糖値がすばやく上がって、
食欲がおさえられ、脂肪の吸収も減るので ダイエットになるそうです。
チョコを多く食べるとカロリーが高いのでダイエットに失敗するとのこと。 面白いですね。

疑問2.甘いのに、虫歯予防、歯周病予防になるのはなぜ?
カカオの殺菌効果によるそうで、ピロリ菌やインフルエンザも撃退するのですから、すごいですね。

※ホワイトチョコはカカオバターの脂肪分だけを固めたもので 茶色のチョコの方が効果が高いそうです。

またアメリカの実験の結果、カカオでニキビはできない。 鼻血とも無関係であることが分かったとのこと。

チョコレートの力はすごいことが分かりました。


中性脂肪とコレステロールが下がった。

コレステロールに悪いと思ってがまんしていましたが、 早速2014年4月17日からカカオ70%以上の板チョコを
一日50g以内で食べ始めました。

正確に決まった量ではなく、思い出すと食前に一切れ、お腹がすくと食間に2〜3切れ、食べていました。

すると約一か月後の健康診断で、なんと20年間正常値になったことがない中性脂肪が正常値まで
下がったことに驚きました。ひと月で効果があるとは予想だにしませんでしたから。

悪玉コレステロールも10mg/dl下がりましたが、まだ正常値までは下がっていません。
時間がかかるのかも知れないと思います。

中性脂肪が下がったのですから、徐々にコレステロールも下がることが期待できます。


世界第2位の長寿者もチョコレートが好き

なんと、サラ・ナウスというアメリカ・ペンシルベニア州生まれの女性は、119歳と97日生きて
世界2位の長寿者としてギネスブックに認定されていましたが、やはりチョコレートが大好きで野菜が
嫌いだったそうです。

こうなると、絶対に必要と思われていた野菜も嫌いな人は無理に食べなくてもいいようですね。

世界第1位と2位の長寿者がそろってチョコレートが好きで野菜が嫌いというのは面白いです。

3位以下から10位まで調べましたが、好きな食べ物の記述があるのは
6位で存命中の日本人大川ミサオさん116歳の好物が鯖のきずしや刺身、コーヒーなどだけでした。

スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 21:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする