スポンサードリンク

2012年09月05日

自然エネルギー 詐欺に ご注意

福島第一原発事故以降、原発反対運動が盛んになり、電気などは、自然エネルギーに変換するべきだという風潮が盛り上がっています。
しかし、それに便乗して、自然エネルギー 詐欺が増えているそうです。

8月24日(2012年)のNHKあさイチで、自然エネルギー詐欺の巧妙な手口が紹介されましたのでメモしておきます。

被害事例

1.70代の女性に、太陽光発電事業のA社から、“グリーン電力証書”の購入を誘うパンフレットが届いた。
2.女性のもとに、今度はB社から電話がかかってきて、
「パンフレットが届いた人しか証書を購入できないので、かわりに購入の申し込みをしてほしい。
代金は自分たちB社が支払う。しかも、申し込んでくれたら1口につき5万円の謝礼を支払う。」
とお願いされ、女性は申し込みをしてしまう。

3.後日、実際に申し込んだ分の金額が振り込まれたかA社に確認すると、振り込まれているとのこと。
さらに、女性のもとに証書も届いたので、女性はB社を信用してしまった。

ダイヤお金をだまし取られてしまうのはこの後。

4.謝礼金を受け取る前に、再びB社から電話がかかってきた。
「さらに10口500万円分を申し込んでほしい。ただし、350万円は自分たちB社が払うが、
残りの150万円は立て替えてほしい。立て替えた分は謝礼金とともに返金する。」
とのお願いだった。

B社をすっかり信用してしまっていた女性は、言われたとおり150万円を払った。
しかし、謝礼金も立て替えた分のお金も払われないまま、連絡が取れなくなってしまった。

★ずいぶんうまい詐欺ですね。
でもどうして、B社は女性にパンフレットが届いたことを知っているのでしょう。A社と組んでいるに違いない
ですよね。それに150万円立て替えて欲しいというのもおかしいです。

詐欺の手口のポイント
1.手の込んだパンフレットが届く 
2.証書が届く
3.「後で返金」「買い取る」という言葉で誘い出す

★これらのことを良く覚えておいて詐欺に引っかからないように注意しようと思います。
後でというのは危ないです。

※詐欺に関することで困ったことがあったら、最寄りの消費生活センターに問い合わせると良いそうです。

ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ九州へ西日本へ
外国へ 

スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 15:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能や原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

被曝によるガン

今年は67回目の原爆の日(8月9日)を迎えます。毎年私の年齢と同じ回数になるので、いやが上にも原爆のことが気になるのです。

このたび、がんになった原爆の被爆者から患部の細胞のDNAを冷凍保存する取り組みがあることを知りました。

「被爆者のがん細胞を詳細に解析すれば、放射線によって変化したDNAなどの特徴を見つけることができるかも
しれない」という考えからだそうです。

現在はまだ見分けることができないそうですが、将来原因が放射線だということがはっきりすれば、色々な面で役に立つことでしょう。

がん細胞の採取は、日赤長崎原爆病院と長崎大病院で実施されていて、現在365例収集しましたがこれでは
ータが少ないそうですので多くの被爆者に協力して頂きたいですね。

福島の原発事故の被爆者のお役にも立つことでしょう。
ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ九州へ西日本へ
外国へ 
タグ:DNA がん 被曝

スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能や原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

除染対策批判の児玉龍彦教授 ネイチャー 今年の10人に 

 
英科学雑誌の「ネイチャー(Nature)」が「今年の10人」の1人に政府の除染対策を批判した児玉龍彦東京大教授を日本人としては唯一選出し、2011年12月22日発売の最新号で発表したとのこと。(ブロードバンドアワード2011年12月22日(木)

今年の10人」は科学に影響を与えた人物という基準で選ばれる。
児玉教授原発事故後の政府の対応を批判し、
7月の衆院厚生労働委員会に参考人として出席した際には「7万人が自宅を離れてさまよっている時に、国会はいったい何をやっているのか」と対応の改善を訴えた。

その様子はYouTubeで世界に配信され、100万回以上視聴された。

YouTube映像はこちら>>児玉龍彦教授の怒りの熱弁          

★この様子は私も見て、感激しました。専門の科学者の訴えには、大きな説得力があります。
その時、科学者も研究室にばかりいないで、実際的な問題に積極的に関わる人が必要だと、つくづく思ったものです。

児玉教授はその後も除染活動に取り組み、放射線量が極端に高いホットスポットの探し方を指導するなどしているそうです。
すばらしい科学者ですね。


★驚いたことに、児玉教授は放射能の研究者だと思っていたら、アイソトープ総合センター長であると同時に、先端科学技研センター教授でもあられるのです。

そして、がん細胞増殖を半減させる酵素の特定の研究にもかかわっていたのです。こちらもすごいことだと思います。
この酵素については、またの機会に書くことにします。

関連記事>>児玉龍彦参考人 怒りの熱弁 放射線から子ども達を守れ 

a href="http://emosan.seesaa.net/" target="_blank">ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ
九州へ西日本へ
外国へ 

スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 23:18 | Comment(0) | 放射能や原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

粉ミルク放射能検査 3か月ごと結果公表

厚生労働省はようやく、粉ミルクの放射能検査を3か月ごとに実施して、結果を公表する方針を固めたそうです。

水の放射能検査はしていて、乳幼児に放射能入りの水を飲ませないように呼びかけていましたから、当然粉ミルクも検査していると思っていました。

明治の粉ミルク「ステップ」から放射性物質セシウムが検出されたことは、乳幼児を持つ母親たちに衝撃を与えたと思われます。

しかも、明治粉ミルクへのセシウム混入は、行政でも、株式会社明治でもなく、二本松市のNPOによる測定で判明したものだということに私は衝撃をうけました。

ニュースを知ったときも、行政の検査ではないのではないかと心配していました。
やはり、そうだったのです。

心ある議員さん達が、「食品全品目の放射能測定を」厚労大臣に要請したそうです。
行政ではまだそれをやっていなかったのですね。

なんだか、とても心配になってきました。これで、食の安全は保てるのでしょうか。
私はもう高齢者ですから、あまり気にはしていませんが、まだ幼い孫達の将来が心配です。

放射性セシウムが検出されたので、厚生労働省は市販されている粉ミルクと、ベビーフードをほぼ3か月ごとに検査し、結果を公表する方針を固めたそうです。
でも、それが信用できるものなのか不安です。

2011年の7〜8月に1度、25商品を調べていずれも検出されなかったからといって、その後は検査しなかったらしいのですから。たった1回の検査では、出ないこともあるでしょう。

食品安全に詳しい学者が問題はないと言っても、本当かしらと思ってしまいます。
(ソース:2011年12月9日 読売新聞)

☆38ページカラー完全日本語取扱説明書・保証&安心サポート付き★カラー液晶画面・USB!放射能...

ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記へ
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 21:31 | Comment(0) | 放射能や原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

明治粉ミルクからセシウム 早川由紀夫の汚染地図

株式会社明治の粉ミルク製品「明治ステップ(850グラム缶)」の一部から放射性セシウムが検出されたことがニュースになった。(2011年12月6日)

賞味期限が2012年10月4日、21日、22日、24日の製品に放射性セシウムが検出。

検出された放射性セシウムの量は、1キログラム当たり22-31ベクレル。

食品衛生法の暫定基準を下回っているが、該当する賞味期限日製品だけでなく賞味期限が2012年10月の製品全てについて、希望する購入客に新しい製品と交換するとのこと。

粉ミルクの原料は全て主に海外と北海道で生産されていて、東日本大震災の前の物。
しかし、加工されたのは、東京電力福島第一原子力発電所事故が起きた3月11日の後、3月14-20日に埼玉県の春日部工場。
外気を取り入れて乾燥させる加工工程で、大気中に放出された放射性セシウムが入り込んだ可能性がある、らしい。

その根拠は、国よりも早く、放射能汚染地図を発表した、火山学者、早川由紀夫・群馬大学教育学部教授の火山ブログだ。

福島第一原発から放出された放射性物質の汚染ルートは5経路あり、3月15日午後の飯舘ルート(飯舘-福島-郡山-那須方面)、3月21日の柏ルート、3月20日の一関ルート、3月の女川ルートに加え、群馬ルートがある。

群馬ルートは15日午前、放射性物質を含んだ大気がいわき-水戸-東京-沼田-魚沼という経路をたどって流れ、春日部市もこのルート沿いに位置しているからである。

★乳幼児をお持ちの家庭では、かなり放射能に神経質になってるのに、またこういうニュースが流れると、ますます不安になりますね。
最近はガイガーカウンターを持つ人も増え、消費者の方から声が上がる例が増えているのは頼もしいことです。
★政府の発表より、早川教授の汚染地図の方が信用できると思います。

関連記事>>群馬大学 早川由紀夫汚染地図

ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記へ
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 17:22 | Comment(1) | 放射能や原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。