スポンサードリンク

2015年11月06日

RSウィルス感染の症状や予防法!乳幼児の肺炎に注意

乳幼児に肺炎などをひきおこし重症にもなる恐れがある
RSウィルス感染が全国的に流行しているようです。

※乳幼児とは小学校入学前の子供のこと

ここのところ、朝晩は寒くなったのに日中は夏日のような高温になる
など、体調をくずす乳幼児や高齢者が増えていますからとても
心配です。

RSウィルス感染について調べてみました。続きを読む
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 10:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

206種のウイルスを一滴の血液で検査できる新技術「バイルスキャン」

一滴の血液で過去から現在までに感染したウイルスが206種類も調べられるという驚くべき新技術「VirScan(バイルスキャン)」が開発されたそうです。

たった一滴の血液で、206種類ものウィルスが調べられる新技術とはどんな技術なのでしょう。続きを読む
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

マダニ感染症で大分県の男性死亡!特徴や予防法イエダニとの違いは

昨年あたりから時々ニュースでマダニ感染症で亡くなる人が報告され不安になりますね。 
治療薬がないというのですから。

今日(2015年6月5日)ニュースになったのは、大分県佐伯市の80歳の男性で、マダニが媒介するウィル性感染症SFTS(重症熱性血小板減少症候群)に感染して死亡したそうです。

この男性は5月26日に佐伯市の病院に入院して同じ月の末に亡くなったのですが、マダニにかまれた痕は確認できず、血液検査でSFTSウィルスが確認されたのだとのこと。

その他の詳細はわかっていません。(2015/06/05 15:22 【共同通信】)>>>>>続きを読む
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 22:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月18日

マダニ感染症SFTSウイルスほぼ全国で確認?その予防法や対処法は!

マダニが媒介するSFTS(重症熱性血小板減少症候群)ウイルスは、2013年1月、国内初の患者が確認されて以来、 ほぼ全国に広まっていることが国立感染症研究所の調査で分かったそうです。


 

■SFTS(重症熱性血小板減少症候群)とは


マダニに刺されてから、6日〜2週間後に、発熱(38℃以上)や倦怠感、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、 下痢、腹痛)、リンパ節の腫れなどが現れ、重症の場合は、死に至ることもある感染症。

2013年1月に国内初の患者が確認されてから、これまでに西日本で52人の患者が報告され、 このうち21人が死亡したということです。

感染研は、全国的に調査を続けていて、2014年3月にも詳細を発表する見通しだと言います。

☆昨年3月に5人の死亡者が報告されましたが、一年で4倍にも増加していますから心配ですね。

(ソース:マダニ媒介SFTSウイルス、京都府・東北・関東のマダニでも確認最終更新:2月21日(金)13時29分 Fuji News Network

SFTSを起こすマダニやその予防法、対処法などについて調べました。

madani1.jpgマダニ

フタトゲチマダニ成虫 出典 原色図鑑 野外の毒虫と不快な虫

■マダニとは


固い外皮におおわれ比較的大型(吸血前で3o〜4o)のダニで,日本でも全国的に分布しており, 主に森林や草地等の屋外に生息している。 マダニと家庭内に生息するダニとは種類が異なる。

マダニと呼ばれる種類は多く、マダニに噛まれても痛くもかゆくもない。

感染経路

ウイルスを保有するマダニに咬まれることにより感染する。 患者の血液からの直接接触が原因と考えられる感染事例が報告されているが, インフルエンザのような飛沫感染,空気感染の報告はない。

また,すべてのマダニがウイルスを保有しているわけではない。

ウイルス自体は以前から日本にいたと考えられ、感染しても発症しない人が多いことが推察される。 咬まれても全ての人が発症する訳ではないので、むやみに恐れる必要はない。

▼ 予防方法

マダニに咬まれないようにすることが重要。 特に,春から秋にかけてマダニの活動が活発になるので注意すること。

1.肌が露出しないように、長袖長ズボン、足を完全に覆う靴を着用する。 2.屋外では首筋、脇の下、背中、内腿など、かまれやすい部位に注意を払う。

3.ダニが比較的付きにくいナイロン製の衣服にする。 4.山野では草の上に直接座ったり、ねころんだりしない。

5.虫よけスプレーを使用する。 6.帰宅後はすぐに着替え、入浴してダニ寄生の有無を確認する。

7.犬や猫など、ペットにも付着して吸血するので、散歩から帰ったらブラッシングするなどして  ダニが寄生していないか確認する。

8.ダニが付いていた場合は、無理に取らず、かかりつけの獣医師に相談すること。 9.ペットには、ペット用ダニ予防薬やペット用ダニ駆除剤を使用する。

▼ マダニに咬まれたときは

1.吸血中のマダニに気がついたときは,無理に引き抜こうとせず,医療機関(皮膚科)で処置してもらう。   (無理に引き抜こうとするとマダニの一部が皮膚内に残ってしまうことがある)。

2.自然にとれた場合でも医療機関を受診し、できるだけダニをつぶさないようにして持参するとより良い。

3.マダニに咬まれた後に,数週間程度は体調の変化に注意し,発熱等の症状が出た場合には,   速やかに医療機関(皮膚科)で受診し、状況を説明すること。

▼検査法や治療法

現在、マダニに咬まれただけで感染したかどうかの検査をすることはできないので、 マダニに咬まれた後、発熱したときは皮膚科を受診すること。

また現在、SFTSウイルスに効く薬はないが、点滴などの対症療法で症状が改善する。

■厚生労働省の取り扱い

厚生労働省は、SFTSを感染症法に基づく医師の報告義務対象の病気と位置づけ、ウイルス保有率など より詳細な実態について、調査を進めている。

☆むやみに恐れることはないようですが、マダニにさされないように予防法を参考にして注意しようと 思いました。


スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

エボラ出血熱と確認されたアフリカギニアの伝染病!症状と対策は?

西アフリカ・ギニアの南部で流行している

非常に感染力の高い伝染病はエボラ出血熱
だと確認されたことが

ギニアの保健省によって2014年3月22日に発表されました。

 

ギニア南部で2月9日から感染が拡大しているエボラ出血熱は

現地の医療サービスが発症を確認した
80人のうち少なくとも59人が死亡したとのこと。

殺人ウィルスとも言われる恐ろしいエボラ出血熱は、

遠いアフリカの国の病気と思いあまり
関心がありませんでした。

 

しかし、将来は世界旅行をしたいと思うようになった現在、

こんなに致死率の高い伝染病にかかりたくはありません。

まずはどんな経路で感染し、どんな症状になるのか。

治療法やワクチンは存在せず、対症療法しか
ないようですが、色々調べてみました。

 

感染経路


エボラ出血熱は、ウィルスを病原体とする
急性ウイルス性感染症で出血熱の一つとのこと。

「 エボラ」の名は最初の発病者が出た地域に流れる
川の名から命名されたそうです。

インフルエンザウイルスなどは体内に数百個〜数万個の
ウイルスが入らないと感染しないのに

エボラ出血熱は数個のウイルスが体内に入っただけでも
感染するという非常感染力の強い 病原体なのだそうです。

下図はエボラウィルスの画像です。⇓
(47ニュースより)

無題.pngエボラウイルス

患者の血液、汗、精液などの分泌物、排泄物に

直接触れたり、唾液、くしゃみなどの飛沫も感染源となり、

性交渉や患者の遺体からも感染するということなので、

エボラ出血熱の症状らしい人のそばにはいかないこと

がまず第一の対策になります。

では エボラ出血熱に感染すると

どんな症状が現れるのでしょうか。

エボラ出血熱の症状


潜伏期間は通常7日程度で、突発的に発病します。

発熱、悪寒、頭痛、筋肉痛、食欲不振などから始まり、

嘔吐、下痢、腹痛などの症状がでて、

進行すると口腔、歯肉、結膜、鼻腔、皮膚、
消化管など全身に出血
し、

吐血、下血がみられ、死亡するとのこと。
無題.pngエボラ出血熱の出血

 

★最初はノロウィルスのような症状と同様ですから
区別がつきにくいですね。

致死率は50 - 89%と非常に高く、
死亡者の殆どに消化管出血が見られるそうです。

東京大医科学研究所でもワクチンの研究が進められていて

マウス の実験では一定の効果が
確認されたということです。

世界中で研究が進められているようですから、

私が世界旅行に行く頃までにワクチン
が接種できるようになることを期待しているのですが。

(ソース:ギニアの伝染病、エボラ出血熱と確認 死者59人に
AFP=時事 3月23日(日)9時31分配信 &ウィキペディア他)




スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 感染症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。