スポンサードリンク

2015年05月18日

肝臓がんの原因はDNAのメチル化の異常!これを抑えてがんを抑制?

肝炎ウイルスにより慢性肝炎から肝臓がんを発症するメカニズムは、遺伝子に 「メチル化」と呼ばれる異常が起きるのが原因で、これを抑えれば、がんの発生を抑制できる可能性があることを 愛知県がんセンター研究所(名古屋市)がマウスの実験で解明し、2014年2月7日までに米学会誌に発表したそうです。

愛知県がんセンター研究所によると、肝臓がんは8割以上が、肝炎ウイルス感染後、慢性肝炎や肝硬変を経て発症し、 ウイルス感染後に遺伝子に異常が起こることは分かっていたのですが、発症の仕組みは解明されていなかったそうで す。

今回の解明により遺伝子のメチル化を抑制する手段を見つければ肝臓がんの発生を抑えることができるわけです。

ところで遺伝子(DNA)のメチル化とは何でしょうか。調べてみた結果、

DNAのメチル化とは
DNAメチル化とは、DNA中によく見られるCpG アイランドという配列の部分などで
炭素原子Cにメチル基-CH3が付加する化学反応。

複雑な生物の体を正確に形づくるために必須の仕組みであると考えられている。
がんにも関わっている。(ウキィペディアより抜粋)

☆上記のウィキペディアの記事によると、メチル化でがんになるというわけではないようです。
さらに調べてみると、京都大学EXPRESSに面白い記事がありました。

DNAのメチル化維持構造解明 iPS細胞生成にも期待
京大の白川昌宏教授(工学研究科)らの研究チームは細胞分裂時に決まった細胞に発達するためにDNAに「鍵」 をかけるDNAのメチル化の仕組みを、たんぱく質の立体構造を解析することで解明し、9月3日、英科学誌 「ネイチャー」で発表した。DNAのメチル化はiPS細胞の作製に大きな役割を持つとも見られている。 【9月5日 京都大学EXPRESS=UNN】

☆この発表は、2008年9月4日のネイチャー電子版に掲載されたことが分かりました。

白川昌宏教授らの記事の内容

・元々、体の細胞は一つの受精卵から細胞分裂を経て構成されているので、全ては同一なゲノムDNA配列を持っている。
・DNAのメチル化のパターンによりどんな体細胞に分化するかが決定する。

・このメチル化パターンが正確に継承されない場合は病的な未分化状態である癌細胞になり
・上手に脱分化するとiPS細胞となる。

☆この記事を読んで非常に驚きました。化学はあまり得意ではない私ですが、非常に分かり易いのです。
ノーベル賞級の研究を理解したような気さえしました。

DNAのメチル化とはもともとは、どのような体細胞になるかを決める役割をするものだったのです。
決してメチル化そのものでがんになるわけではないことが分かりました。

メチル化パターンが正確に継承されない場合にがん細胞になるのです。

★それでは、最初の記事である

遺伝子に「メチル化」と呼ばれる異常が起きるのが原因で、これを抑えれば、がんの発生を抑制できる可能性がある
という記事は違うのではないでしょうか。

メチル化そのものは異常ではないのです。異常なメチル化を抑える必要があるのです。

メチル化の異常が起こる原因は分かっていないようですから、それを抑制するのは
メチル化そのものを抑制するより、難しいと思われます。

しかし、他のがんも異常なメチル化によって発生することがわかってきたようですから、この研究はすすめていって 欲しいものです。

 



スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腫瘍 がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

世界初!ホウ素中性子捕捉療法の治験開始!陽子線治療との違いは?

喉頭がんや舌がんなど「頭頸部(とうけいぶ)がん」を 「ホウ素中性子捕捉療法」(BNCT)で、 治療する世界初の治験(臨床試験)が、 川崎医科大(岡山県倉敷市)と京都大原子炉実験所(大阪府熊取町)で始まったそうです。

2012年になかにし礼さんが食道がんの治療 に成功して有名になった陽子線治療と、「ホウ素中性子捕捉療法」(BNCT) はどのように違うのかが気になり、調べてみました。

◆ホウ素中性子捕捉療法(BNCT)とは


がん細胞は増殖力が強いため、正常細胞よりもホウ素化合物を
多く取り込む性質があります。 その性質を利用し、

点滴でがん細胞にあらかじめホウ素を取り込ませておきます。
その後、原子炉から放射線の一種である中性子線を、
人体に影響が少ない低エネルギーで照射します。

無題.png中性子線

すると、ホウ素と中性子が核反応をおこし
アルファ線(α線)という放射線が発生します。

アルファ線には細胞を殺す強い働きがありますが、
飛距離は、細胞1個分以下と短いので、

周りの正常細胞に影響を与えず、そのがん細胞だけを殺す
ことができるので、副作用も少ないとされます。

細胞単位で効くため、
形がはっきりしない浸潤性や多発性のがん治療に向きますが、

中性子が入る深さが体表から7センチ程度なので
深い部分のがんには向かないそうです

脳腫瘍や頭頸部がん、皮膚がん、肺がんなどが
臨床研究で効果が示されているとのこと。

まさにこれらのがんの治験が始まるということなのですね。

 

◆陽子線治療法は


無題.png陽子線

陽子線は、体表面近くの線量は少なく、粒子が停止する付近で
線量が最も多くなるという特徴があり

がん組織に線量を集中させることには優れていますが、
がんを殺す作用はエックス線の1.1倍程度と弱いのだそうです。

そのため、陽子線でも治療困難な種類のがんがあり、

その弱点を補うために開発されたのが

強い治療効果とシャープな患部線量集中性を併せもった
新たな粒子線療法である
ホウ素中性子捕捉療法なのだと思われます

◆今後の見通し


 

頭頸部がんは、手術で切除すると会話や食事摂取に
支障が出ることもあり、患者の多くは放射線治療を選ぶそうです。

しかし、従来の放射線治療では正常な細胞も傷つけてしまい、
皮膚がただれるなどの副作用が欠点でした

BNCTの臨床研究では、通常ならがん細胞が減るのに
1か月かかるところを、 2、3日に短縮できるという成果が
みられるといいますから、多いに期待できますね。

病院用の小型加速器も開発されており、
早ければ5年程度で薬事法上の承認を受け、
実用化したい考えだとのこと。

安倍首相が昨年の訪露時に、BNCTの治療ができる病院を
ロシアに建てると表明するなど、国も力を入れているそうです。

世界中に日本の医療を輸出することができるかも知れませんね。

BNCT=Boron Neutron Capture Therapy

(ソース:頭頸部がんで世界初の治験…京大など中性子治療 2014年4月21日 読売新聞&他)

ブログ元気元気トップページへ
元気ナースの趣味ブログへ>>
朝ドラと大河ドラマが大好きな365日
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腫瘍 がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

高倉健の死因・悪性リンパ腫とは?症状と原因その治療法について

今朝のニュース(2014年11月18日)で各放送局が一斉に高倉健さんの
死亡を伝えました。


高倉 健さんは、次回作の準備中、体調不良により都内の病院に入院し
、治療を続けていたのですが、

容体が急変して、11月10日午前3時49分に、亡くなったとのこと。
病名は、悪性リンパ腫、83歳でした。



葬儀は故人の遺志により、すでに近親者のみで済ませたとのこと。
健さんらしいですね。

83歳と言えば、もうご高齢、仕方ない気もしますが、残念に思う人
も大勢おられることでしょう。

ところで健さんの命を奪った悪性リンパ腫について調べてみました。



◆悪性リンパ腫とは

悪性リンパ腫(あくせいリンパしゅ、ML:Malignant Lymphoma)は、
血液のがんで、リンパ系組織から発生する悪性腫瘍である。


なんだか難しそうな病気ですね。
まず、血液の癌は医学上 ひらがなで「がん」と書きます。

リンパ腫に良性はないので必ず悪性リンパ腫になるとのこと。

リンパ系組織から発生するといいますが、
リンパ系とは


◇リンパ系のしくみ

血管と同様に、リンパ管も全身に張りめぐらされており、
この中をリンパ液が流れています。これをリンパ系といいます。


このリンパ液は、からだの組織間にある液体(組織間液)
が集められたもので  毛細リンパ管は集合して、より太いリンパ管
になって、最後は1本の太い管になって、くびの下にある鎖骨下静脈
(さこつかじょうみゃく)につながり、ここから静脈に流れこみます。

リンパ液は、一般に無色・透明のサラサラした液体ですが、
腸管近くのリンパ液は、腸管から吸収された脂肪を含むために、
白く濁っています。

つまり血液とは別に流れているリンパ管とリンパ液がリンパ系ですね。

◇リンパ系の働き

リンパ節は、体内に侵入してきた細菌が全身に広がらないように、
感染をくい止めています。

リンパ節とはリンパ管が合流して太くなる部分が節のようになって
いる部分で、全身に約800個あります。

リンパ系は人間を細菌や毒から守る大事な役目をしているのです。

そして、悪性リンパ腫とは、リンパ液に含まれているリンパ球という
細胞が異常に増えて、首やわきの下のリンパ節がはれたり,
身体の一部にしこりができる病気なのです。

◆悪性リンパ腫の症状

一番多い症状は、リンパ節がはれること。
リンパ節の多い、首,わきの下,足の付け根などが外から触れて
わかりやすい場所です。痛みはありません。
細菌感染でもリンパ節がはれますが、直径が1.5cm以上あることが目安です

●その他の症状は,発熱・体重減少・寝汗が多くなる,などがあります。

●胃や大腸のような消化管にしこりや潰瘍ができたり,肝臓や脾臓などの
お腹の臓器がはれる場合もあります。

●胸の中の縦隔という気管や食道の近くがはれることもあります。
まれにリンパ節以外がはれてもリンパ腫である場合があります。

なかなか診断がむずかしそうですね。


◆悪性リンパ腫の原因

原因ははっきりとはわかっていないが、ウイルス説・カビ説・遺伝説などが
あり、 自己免疫疾患(シェーグレン症候群や慢性甲状腺炎など)と合併しやすい
リンパ腫があることも知られています。

最近では放射能も原因の一つではないかと言う医師もいます。

小児白血病、絨毛癌などと並んで、悪性腫瘍の中では、比較的抗がん剤が
効きやすいそうです。


◆治療方法

悪性リンパ腫は大きくはホジキンリンパ腫と非ホジキンリンパ腫にわかれ,
それぞれがさらに病型がわかれます。

ずいぶん複雑なのですね。

したがって治療方針は病型と病気の広がりにあわせて決定します。

患者さんに対して行われる主な治療法

1.化学療法(抗がん剤)
2.放射線療法
3.モノクローナル抗体療法
4.造血幹細胞移植

また,同じ悪性リンパ腫でも,ゆっくり進行するものから早く進行するものまで
あるので、はれの程度が少なく,進行が遅いと考えられる場合,
治療をせずに様子をみる場合もあります。

※モノクローナル抗体療法とは
モノクローナル抗体とは同一種類の抗体が集合したもので単クローン抗体とも言う。
クローン技術で同じ抗体をたくさん作り、がんをやっつける療法だと思われます。

色々な治療法があるのですね。

◆悪性リンパ腫の発生率

ウィキペディアによるとデータは古いですが、
日本人の2000年における年間推定患者数は約1万3000人、で
発生率は10万人に約10人程、つまり1万人に約1人。
欧米人は10万人に約20人程、つまり1万人に約2人。

欧米人の方が日本人の2倍も発生するというのは、どうも食生活に関係
するような気がしますね。いずれも近年増加傾向にあるようです。

しかし、全体の癌発生率が2人に1人は癌になることから思うと
悪性リンパ腫が発症する確率はかなり低いと思われます。

リンパ腫は全身に発生するため、治療を行ってもがん細胞が完全に
消えたことを証明することはできません。

そのため、白血病と同様「完治」という表現はせず、
腫瘍が検出できなくなった時点で「緩解(寛解)・かんかい」
したと表現します。

したがってがん細胞が残っていることがあり、再発の危険性があります。

なんとなく白血病と似たような病気のように思われますが、発生率では
わが国の白血病発生率は年々増加傾向にあり、2009年では年間人口10万
人当り 6.3人(男7.8人 、女4.9人)で、年間約7,900名が死亡している
そうですから、白血病よりは少ないのですね。

まだまだ研究開発が必要な病気です。

高倉健さんのご冥福をお祈り申し上げます。

(出典:慶應義塾大学医学部血液内科ホームページ、
家庭の医学 ウィキペディア 他)

★高倉健の作品をもっと見る>>楽天サイトへ★

ブログ元気元気トップページへ
元気ナースの趣味ブログへ>>朝ドラと大河ドラマが大好きな365日
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腫瘍 がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月12日

尿潜血でわかる がんと腎臓病

健康診断で尿潜血と言われたことはありませんか。
赤くない血尿で、ふつうのおしっこの色なのに、微量の血液が含まれていると言う結果なのです。

夫の父親とその妹は、健康診断の度に尿潜血という結果が出て、再検査、精密検査を重ねましたが、原因はわからず、体質だろうということでした。

2人とも元気で、義父は80歳で亡くなりましたが、90歳近い妹のおばはまだ健在です。
なので、潜血はそれほど気にすることもないのかなと感じていました。

しかし、割合は少ないけれど、がんや腎臓病のような、深刻な病気が原因で微量の血液が尿に混入することがあるのだそうです。(2013年9月11日、NHK ためしてガッテン)

尿潜血をあなどってはいけないという放送でした。



尿潜血の原因
半分以上はたまたまで、加齢や高血圧、女性は生理などによる一過性のものです。
割合は少ないが、がんや腎臓病の場合があるから、注意が必要なのです。

尿潜血検査の精度
尿100mlに対して、血液が0.0004mlしか入っていないような「顕微鏡的血尿」もしっかり判別できる程の精度なのです。

必ず再検査を受けること

尿検査で「潜血」と指摘された場合は、必ず「再検査」を受けること。
泌尿器科や腎臓内科で精密検査をしてもらえば、危険な血尿かどうか、顕微鏡を使った検査や自動判別機を使った検査などで調べてもらうことができます。

☆目に見える赤い血尿は誰でも病院に行くと思いますが、目に見えない潜血は、元気な人ほどあなどって再検査を受けない傾向があるそうです。

再検査を受ければ、病気の早期発見ができますから、必ず再検査を受けましょう。
関連記事>>
尿の色でわかる病気  
尿検査の正しい受け方

ブログ元気元気トップページへ
最近気になる医療ニュースへ
朝ドラ大河.com
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 21:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腫瘍 がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

がんのウィルス治療  あさイチ

治療用に開発したウイルスを注射して、悪性腫瘍をやっつけるウィルス療法の臨床試験が行われています。(2013年9月11日 NHK あさイチ)

☆このウィルス療法の臨床試験で、成功した人が番組に出場して、そのお元気な様子にびっくりしました。
かなり期待できる療法のようです。

まだ、安全性を確認するための臨床試験の段階なのですが、早く一般の人が受けられるようになるといいですね。



ウィルス療法とは
東京大学医科学研究所の藤堂具紀教授のグループが研究を進めているウイルスを使ったがんの治療方法。

使うウイルスの元になるのは口唇ヘルペスなどを引き起こす「単純ヘルペスウイルスI型」。
この単純ヘルペスウイルスI型を正常細胞は傷つけず、がん細胞だけで繁殖し、破壊するように遺伝子を組み替えたウイルスを腫瘍に直接注射で注入する。

最近ではがんのもととなる「がん幹細胞」をもこのウイルスが破壊することが明らかになった。

☆遺伝子組み換え技術がこういう所にも応用されているとは驚きです。

参考:東京大学医科学研究所附属病院 脳腫瘍外科
ホームページ:http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/glioma/treatment/virus.html

藤堂具紀教授の著書⇓⇓

臨床試験に参加するには
現在、ウイルス療法の臨床試験は以下の3つで実施されています。
・悪性脳腫瘍(膠芽腫)
・嗅神経芽細胞腫
・前立腺がん

臨床試験に参加する条件・申し込み方法などは以下のホームページをご覧ください。
【悪性脳腫瘍(膠芽腫)、嗅神経芽細胞腫】
「東京大学医科学研究所附属病院 医療安全管理部」
ホームページ:http://www.ims.u-tokyo.ac.jp/dctsm/patient.html

【前立腺がん】
「東京大学医学部附属病院 トランスレーショナルリサーチセンター」
ホームページ:http://trac.umin.jp/hospital/ct.html
ブログ元気元気トップページへ
最近気になる医療ニュースへ
ダイエット方法を学ぶブログへ 
朝ドラ 大河ドラマあらすじへ 




スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 15:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 腫瘍 がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。