スポンサードリンク

2015年07月07日

年齢より若く見える人は細胞分裂の間隔が長い!分裂を遅らせる方法

定年退職をして10年、最近よく同窓会に誘われるようになりました。
そろそろ亡くなってしまった人もあり、がんを患っているひともいる
年齢になりました。

5年ぶりに中学校の同窓会に出てびっくりしました。ずいぶん若く
見える人と老けて見える人がいるのです。

私はいつも若い、若いと言われていますので、若く見えるのだろうと思っていましたら、
やはり同窓会でも「あなたが一番若く見えるわよ」と言われました。

年齢より若く見える人と老けて見える人の違いは何なのかと思っていたら
ヤフーニュースに、面白い記事がありました。

◆寿命の回数券「テロメア」

私たちの寿命は「寿命の回数券」とも言えるテロメアの数が決まっていて、
決まった細胞分裂の回数券が終了すると細胞分裂ができなくなり死ぬと言われています。

テロメアは遺伝子の染色体のはじっこについていて、分裂する度に短くなるのだそうです。


◆細胞分裂の間隔は決まっていない

細胞分裂の数は決まっていますが、次の細胞分裂までの時間は決まっていないのです。
一回の分裂でできた細胞を傷つけることなく大事にすれば分裂しなくてすみますから
若い状態を保つことができて寿命も延びるとのこと。

たしか若く見える人は長生きするという研究結果も発表されていました。

◆細胞分裂を遅らせる方法

1.食べ過ぎないこと

昔からよく知られているのはサルの実験ですね。
食べたいだけ食べさせたサルと腹八分に制限したサルとでは20歳になったとき、
まるで老人と若者のように違ってしまった実験です。

この実験から食べ過ぎは老化を早めるということはわかっていました。

2.細胞を傷つける活性酸素を除去するように、抗酸化作用のあるものを食べる。

3.適度の運動をして血管を柔らかくする。

4.ストレスをためない。

まあ、いわゆる健康的な生活をすれば良いようです。

◆最新疫学研究情報

米国のオハイオ州立大学の最新の研究によると
オメガ3脂肪酸は、細胞の老化を遅らせることがわかり、テロメアの長さがのびるそうです。

ということはテロメア(寿命の回数券)を増やすことができそうですね。

◇オメガ3脂肪酸を多く含む物

シソ油(エゴマ油)や亜麻仁油 EPA・DHA(イワシ、サバ、マグロなどの青魚の魚油に多く含まれている)

[医療ニュース] ブログ村キーワード
ブログ元気元気トップページへ


スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 00:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 長寿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック