スポンサードリンク

2014年12月28日

がんを予防するアンチエイジングライフで矢野式7つの生活習慣とは



70歳の誕生日を迎えて、同級生たちもがんで亡くなったり、がんを病んでいる人
が多くなりました。近所にもがんの人がたくさんいます。

今や国民の半分はがんになると言われていますから、私もがん予防をしなくては
と思った矢先、

外科医として、肺がんを専門に手術してきた矢野篤次郎さん(55歳)
(大分県別府市の国立病院機構・別府医療センターのがん治療センター長)が

予防医学について深く研究した結果提唱しておられる

アンチエイジングでがんを予防する7つの生活習慣について
知りましたので

自分の考えや、生活習慣と比較して、
実行可能かどうか検証してみました。

〈1〉入れたての緑茶を1日1〜2リットル飲む。

緑茶ばかり1日1〜2リットルも飲めないと思います。
コーヒーが好きで、コーヒーも肝臓がんに良いと言われて
いますから飲まないわけにはいきません。

現在は コーヒー400cc、緑茶200cc、スポーツ飲料200cc。
その他200ccといったところでしょう。

夏はもっと多く飲みますが。
それに、入れたての緑茶は家にいないとのめないですから、
無理ですね。

〈2〉豆腐を毎日毎食の食材に取り入れる。

毎朝豆乳をカップ1杯飲んでいて、毎日1回は豆腐や大豆料理
を食べています。毎日3回は無理です。飽きてしまいます。

〈3〉キノコ、海藻を毎日毎食の食材に取り入れる。

キノコか海藻は毎日1回は食べていますが、
毎日3食食べるのはやはり無理かな。

〈4〉肉と魚はバランスよく、野菜は不足しないように
適度に食べる。


肉と魚は交互に食べていて、野菜は家庭菜園でたくさん採れる
ので充分食べていると思います。

〈5〉果物は旬のものを朝食べる

果物は毎朝旬のものを食べているからOK。

〈6〉週に4、5回は早歩きなど適度な運動をする。

ジャズダンスと合気道、卓球に家庭菜園があるので
適度な運動はしていると思います。

〈7〉毎日の適度な晩酌。

晩酌は必要ないのではと思うけれど、
ほぼ毎日360ccのビール缶1本を夫と二人で分け合って
飲んでいますが、友人にはそれはお酒を飲んでいるうちに
入らないでしょうと笑われています。

ざっとこんなものですから、

矢野篤次郎先生御提唱の7つの生活習慣を
完全に実行するのは無理と判明しましたが、
かなりいい線いっていると思います。


私的には完全に実行しなくても、近づける程度で
いいかなと感じています。

この通りにしなくてはならないと思うと
ストレスになりますから、体に悪いです

今の所10歳は若く見られますし、健康ですからね。

矢野篤次郎先生は「アンチエイジングライフでがん予防」
と言う本を出版なさったそうです。



その中で老化を抑えてがんを予防しようと
呼びかけておられ

「そのためには食事が重要」と唱え、特に古くからの
日本人の習慣である茶と大豆を、 毎日持続的に取ることを提案
しておられるそうです。


ストレスにならないぐらいに、心掛けるようにしようと思います。



ブログ元気元気トップページへ
元気ナースの趣味ブログへ>>
朝ドラと大河ドラマが大好きな365日



スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。