スポンサードリンク

2012年09月11日

なかにし礼 陽子線治療で がん克服

今年3月(2012年)に食道がんを告白した作詞家で直木賞作家のなかにし礼氏(74)が、食道がんを克服し、10月1日からテレビ朝日「ワイド!スクランブル」のコメンテーターに復帰するそうです

なかにし礼氏は27歳と54歳の時に心筋梗塞を患っているため手術は不安でした。
そこで、ネットで探した切らずに治すがん治療である陽子線治療に出会い、「私のように、切れない人に光を当てたい。実験台になってもいい」との思いで病院へ行き、この治療に全知全能にかけてみようと決心したとのこと。
今年7月に発売した著書「人生の教科書」(ワニブックス)の中でこれらのいきさつを告白しているそうです。↓↓

なかにし礼氏の食道がんはステージVの入り口に差しかかっていて、食道のまわりのリンパ節にも転移していたといいますから(週刊新潮)、完全にがんが消失したということは、驚くべきことです。

なかにし礼氏のおかげで、陽子線治療は爆発的に広まるのではないでしょうか。

最近よく見かけるようになった、この陽子線治療とはどういうものなのでしょう。どんながんが克服できるのでしょう。
国立がん研究センター東病院ホームページから要約抜粋します。
陽子線治療についての概要
ダイヤ陽子線治療とは
陽子は水素という最も軽い元素の原子核で、それを加速したものが陽子線です。
陽子線は重粒子線(炭素イオン線など)と同様に、元素の原子核を加速した粒子線で、放射線の一種です。
陽子線治療はこの放射線を用いて「がん」などの治療を行うものです。

ダイヤ陽子線治療の特徴
陽子線は体内に入っても表面近くではエネルギーを放出せず、停止する直前にエネルギーを放出して大きな線量を組織に与える性質があります。

通常の放射線治療で用いられるX線は、病巣の前後にある正常の組織も同等の線量を受け、副作用を生じる原因になりますが、陽子線の場合には病巣のみに効率よく線量を集中でき、副作用を少なくできます

ダイヤ陽子線治療の実際
1.治療のための準備をする。
2.治療中の体の動きを抑えるための固定具を造る。
3.CT検査を行う。
4.そのCTにもとづき放射線腫瘍医や医学物理士、放射線技師が治療の計画を立案する。
5.ボーラス・コリメータという患者さん専用の特殊な器具を作製する(この過程に数日を要する)。
6.その後治療を開始。治療は装置のベッドに寝た姿勢で受ける。
7.治療は原則として1日1回(約15〜30分)、週3〜5回行い、合計4〜40回程度繰り返して完了。(治療回数は病気の種類・進行度・部位などによって異なる。)

ダイヤ費用について
陽子線治療に要する費用は2,883,000円。本治療は厚生労働省より先進医療として認可されたもので、
費用は保険がきかず、患者さんご自身の負担となりますが、本治療以外の保険診療はすべて保険でできます。

ダイヤ適応について
以下の疾患が陽子線治療の適応になります。詳細については個別にお問い合わせください。

脳腫瘍(原発性のみ)、頭蓋底腫瘍(脊索腫・軟骨肉腫など)、頭頸部腫瘍、肺がん、肝細胞がん、
転移性肝がん(単発で他の部位に転移がないもの)、骨軟部肉腫、前立腺がん、などが適応となります。

胃がんなどは、胃が始終動くので、ねらいが定まらないため、適応外になるとのこと
万能ではないようです。
この中に、食道がんは適応になっていませんね。なかにし礼氏はどこの病院で治療したのでしょう。

粒子線治療(陽子線治療・重粒子治療)ができる病院 11箇所
・国立がんセンター東病院 千葉県柏市柏の葉6−5−1
・筑波大学陽子線医学利用研究センター 茨城県つくば市天王台1−1−1
・兵庫県立粒子線医療センター  兵庫県たつの市新宮町光都1−2−1

・静岡県立静岡がんセンター  静岡県駿東郡長泉町下長窪1007
・重粒子医学センター病院  千葉県千葉市稲毛区穴川4−9−1
・南東北がん陽子線治療センター  福島県郡山市八山田7丁目172

・群馬大学 重粒子線医学研究センター  群馬県前橋市昭和町3丁目39−22
・若狭湾エネルギー研究センター  福井県敦賀市長谷64号52−1
・福井県 陽子線がん治療センター(仮称) 福井県福井市四ツ井2−8−1

・がん粒子線治療研究センター  鹿児島県指宿市東方5188番地 
・九州国際重粒子線がん治療センター(SAGA HIMAT)プロジェクト 鳥栖市本通町1丁目802番地3
関連記事
なかにし礼 食道がん 治療最前線

ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ九州へ西日本へ
外国へ 
朝ドラ 大河ドラマあらすじ
スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 15:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 陽子線治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック