スポンサードリンク

2012年07月01日

パーキンソン 新治療法

パーキンソン病に関わる脳神経の特定の回路をねらい撃ちして、死滅させる パーキンソン病の新治療法の実験に成功したという。

この方法を開発したのは、京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)の高田昌彦教授(脳神経科学)らのチーム。
まだサルの実験で成功した段階ですが、高田教授は「今後は副作用の安全性を高める研究を進めて、神経疾患の治療に応用したい」と話しています。

★脳内の神経回路は1000億個以上の細胞が複雑にからみ合っているといいますから、その中からどうやって特定の神経回路をねらい撃ちできるのか、むずかしいことはわかりませんが、すごいことです。

パーキンソン病だけでなく、他の神経疾患にも応用できるそうですから、是非早急に研究を進めて頂きたいものです。
毎日のように新しい発見がある日本の医学界は、本当にレベルが高いと思います。

でも、朝ドラの梅ちゃん先生のように、臨床のお医者さんも必要ですから、もっとお医者さんが増えるような対策をして欲しいですね。

ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ九州へ西日本へ
外国へ 
朝ドラ 大河ドラマあらすじ



スポンサードリンク
【パーキンソン病の最新記事】
posted by 元気ナース at 22:53 | Comment(0) | パーキンソン病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。