スポンサードリンク

2012年05月14日

カシス サプリ 緑内障に効果

母の介護のために故郷の青森県に行って来たばかりなのですが、その青森県で、私が好きなカシスが生産されていることを初めて知りました。しかも、国内一番の生産量をほこっているのだと言うのです。青森県はりんごだけでなく、カシスの産地にもなったのですね。

早速買ったカシスジュースのそばに新聞の切り抜きが置いてあり、カシスが緑内障に効果という見出しが書いてありました。

カシス(和名:黒房スグリ)に含まれるカシスアントシアニンに緑内障の原因とされる視神経の血流低下を回復させる効果がある ことが弘前大学医学部眼科学教室の大黒浩らのグループによって突き止められたというのです。

緑内障とは
血流量の低下により、光を感じる網膜で細胞死が起こり、徐々に視野が狭くなり、失明の恐れもある目の病気です。発症のメカニズムはまだ不明ですが、自己免疫疾患や、血液因子の異常が考えられています。
緑内障は70歳以上で約8人に1人、40歳以上では約17人に1人がかかっています。

弘前大学の実験
緑内障の患者30人(51歳から80歳)に6ヶ月間、一日一回カシスから抽出したカシスアントシアニン50mgを含む錠剤を服用させたところ、視神経の血流量が平均20%上昇し、その期間中緑内障の視野障害が進行した人は1人もいなかったとのことで、やはり効果があるようです。
★血流量が増えるなら、目の疲労回復にもよさそうです。

ブルーベリーとの違い
目にいいポリフェノールといえば、ブルーベリーやビルベリーがよく知られていますが、アントシアニンの種類が異なり、緑内障の改善効果は、カシスの方が大きいのだそうです。

今後は
網膜の色素に異常が生じる網膜色素変性症の治療効果を確かめるため、モデル動物実験をはじめました。
青森市は、カシスを全国区の特産品にしようと、明治製菓などと日本カシス協会を設立、共同研究も行なって
います。
カシスアントシアニンのサプリが明治製菓から発売されています。

★明治製菓のカシスサプリをもっと見る>>楽天サイトへ★
ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ九州へ西日本へ
外国へ 
朝ドラ 大河ドラマあらすじ 





スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 23:42 | Comment(0) | 疲れ目 目の病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。