スポンサードリンク

2012年02月09日

ドライアイと目薬と副作用 

あさイチで なめたらあかんドライアイという内容の放送がありました(2012年2月1日)。
私も数年前まではドライアイに悩まされていたので、興味深く見てました。

私のドライアイが改善したいきさつは、次回にするとして、あさイチで学んだこと気になったことをまとめます。

目の疲れ(眼精疲労)には2種類ある。
1.目のピントを調節をする「筋肉の疲れ」
2.目の表面の涙の層に異常がある「ドライアイ」

★1と2に共通する症状は「充血する」「まぶしい」「かすむ」など
★ドライアイ特有の症状は、「目がゴロゴロする」「目が乾いた感じがする」

つまり「目がゴロゴロする」「目が乾いた感じがする」場合はドライアイで、
「充血する」「まぶしい」「かすむ」だけならば、筋肉の疲れによる眼精疲労ということらしい。

ドライアイの治療に使われる目薬
1.人工涙液(るいえき):市販薬
2.ヒアルロン酸:医師による処方薬
3.ジクアホソルナトリウム:新薬

私も以前使用しましたが、1.人工涙液はほとんど効果がなく、2.ヒアルロン酸の方がいくらかましな程度でした。

新薬の3.ジクアホソルナトリウムは、約1年前に世界に先がけて日本が開発し、治療効果がこれまで上がらなかった人にも大きな改善をもたらし、注目されているそうです。私は使用したことがありません。

注意1. 慈恵医大病院薬剤部によると、ジクアホソルナトリウムは承認時までの国内臨床試験で、何らかの副作用(臨床検査値異常を含む)が23.7%に認められていることに注意する必要があるとされています。
また、ジクアホソルナトリウムは1日に6回点眼する必要があるのも大変です。

ジクアホソルナトリウムの主な副作用
・眼刺激感(6.7%)
・眼脂(4.7%)
・結膜充血(3.7%)
・眼痛(2.7%)
・眼そう痒感(2.4%)
・異物感(2.1%)
・眼不快感(1.1%)など

注意2.ドライアイなのに「筋肉の疲れ」を緩和する目薬をさしたところ、症状が改善せず、激痛に苦しんだという例もあるそうです。

正しい点眼方法
1.目にくっつけずに点眼
2.1滴だけさせば十分。何滴もたらすと涙で成分が流れ出て逆効果の場合もある。
3.そのまま目を1分ほど閉じて、目の表面に成分を行き渡らせる。
(目をぱちぱちしてしまうと、目薬が鼻へと流れてしまう)

★ほとんどの人が目をぱちぱちしていますので、注意しましょう。

ブログ元気元気トップへ
元気ナースの旅日記・東日本へ九州へ西日本へ
外国へ 
朝ドラ 大河ドラマあらすじ 




スポンサードリンク
【ドライアイの最新記事】
posted by 元気ナース at 00:18 | Comment(0) | ドライアイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。