スポンサードリンク

2011年08月12日

脳下垂体腺腫 平野綾 告白

声優の平野綾さんが、脳下垂体腺腫という持病があることを、Twitterで告白したことが話題になっています。

「辛いものと冷たいものとお酒は基本ドクターストップなの」というつぶやきから始まり、中学生のころに頭に腫瘍が見つかり、それが脳下垂体腫瘍という病気であることをTwitterで告白しているのです。

たまに腫瘍が目の神経に触れて、目が見えなくなったり、言葉が出づらくなったりすることもあるが、今では症状にも慣れ、大丈夫とのこと。

中学生時代に手術することも考えたが、そのときすでに声優として活動を開始しており、声が変わると言われ、やめることにしたそうです。

平野綾さんの持病である、脳下垂体腺腫というのは、どういう病気かというと。

脳下垂体(のうかすいたい)という、脳のほぼ真ん中の底部の下にぶらさがっている小指の先くらいの小さい組織の線細胞(分泌機能を有する細胞)が増える腫瘍で、良性の病気です。

脳下垂体は視神経のすぐ下にあるので、目がみづらいことがあったり、また、色々なホルモン(成長ホルモンなど)を分泌する組織なので、ホルモンの出方によって様々な症状が現れます。

しかし、とても大切なこととして、脳外科医澤村豊先生のホームページに掲載されていることは。

最近,無症状の脳下垂体腺腫が脳ドックなどで偶然見つかることも多いのですが,その多くは治療する必要がありません。
ですから安易に手術を受けてはいけません。脳下垂体腺腫はとてもとても多い病気でほっておいても何でもないものや大きくならないものも多いのです。

と、ありますから、あまり心配しないで、よく調べて、セカンドオピニオン(他の先生の意見も聞くこと)も参考にして、手術をするかどうか決めるのが良さそうです。

平野綾さんも手術せずに仕事ができているのですから。

でも手術も簡単なようですから、無理に我慢することもないようです。
【送料無料選択可!】いのちの約束〜北大病院・澤村先生と子ども (単行本・ムック) / 板垣 淑子 著
脳外科医澤村豊先生のホームページはこちら>>http://square.umin.ac.jp/sawamura/braintumors/pituitary.html

ブログ元気元気トップへ
2010年4月より、旅日記を元気ナースの旅日記」に分離しました。↓こちらもどうぞよろしく。
元気ナースの旅日記・東日本トップへ
九州トップへ西日本トップへ
外国トップへ 
2011年6月より朝ドラ おひさま キャスト開始です。


スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 23:09 | Comment(0) | 腫瘍 がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。