スポンサードリンク

2011年08月06日

がんの発見経路  偶然が1位 

国立がん研究センターが2011年7月26日に発表した「がん診療連携拠点病院 院内がん登録2008年全国集計 報告書」には意外な事実が記されていることが分りました。

がんの発見経路」のデータを見ると、がん検診の占める割合が低く、他の疾患治療などで偶然発見されることがもっとも多いというのです。

がん検診」が全体の7.7%、がんの発見を目的としない「健診・ドック」が8.0%、他の疾患を治療中・経過観察で偶然発見された「経過観察」が25.0%となっているのです。

毎年、がん検診をしてもらっている私は、これでは、がん検診の意味がないのではないか、がん検診の発見力がないのではと
思ってしまったのですが。

医療ジャーナリストで現役医師でもある森田豊医師は

「諸外国と比較して、日本はがん検診率が低いことが問題になっています」と指摘しています。

経済協力開発機構(OECD)の2009年調査によると、日本のがん検診率はわずか20〜30%前後とのこと。

サラリーマンの場合、毎年、人間ドックに行く人は多いが、基本的な診断メニューでは、見つからないがんも多いので、がん検診も受けるべきなのですね。

がん検診はがんに特化した検査なので、早期発見に至りやすく、結果、生存率も高くなるということなのです。

人間ドックで安心していてはいけないのです。

がん検診も受けなければいけないということがよく分りました。

偶然ではなく、がん検診でがんが発見されるようにならなければいけないと思いました。

ソース:週刊ポスト2011年8月12日号 NEWS ポストセブン 8月6日(土)

ブログ元気元気トップへ
2010年4月より、旅日記を元気ナースの旅日記」に分離しました。↓こちらもどうぞよろしく。
元気ナースの旅日記・東日本トップへ
九州トップへ西日本トップへ
外国トップへ 
2011年6月より朝ドラ おひさま キャスト開始です。

スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 22:43 | Comment(0) | 腫瘍 がん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。