スポンサードリンク

2015年12月21日

2015年12月20日のつぶやき



スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

2015年12月19日のつぶやき





スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

うつ病に保険適用の新治療法とは

うつ病を含む精神疾患は、国民病の一つに数えられ、国の調査によると患者数は70万人を超える状況です。

うつ病は、強いストレスなどで気分が落ち込み、日常生活に支障が出る心の病、心の風邪などと
言われています。

治療は薬物療法が中心でしたが、近年、新たな治療法が登場してきているとのこと。

それが、医師との面接を通じて治療する「認知行動療法」です。
治療の有効性が認められ、2010年4月からは健康保険が適用されるようになりました。

◆認知行動療法とは
認知行動療法では、面接を1回30分以上、原則16回実施します。
※かなり時間をかける治療法ですね。

その中で、生活のリズムをつけながら行動を通して気持ちを活性化させたり、思考記録表(コラム)という用紙を用い、自然に湧きあがってくる偏った考えを、現実に沿ったバランスの良い考え方ができるよう手助けしたりして、問題を解決していく方法です。

うつ病が軽い人は、自分で認知行動療法を試してみることもできます。




◆うつ病患者、飲酒で自殺リスク高まる可能性
うつ病患者はアルコール依存症などの割合が高く、中でも40〜50代の男性の3分の1は飲酒状態に問題があることが、厚生労働省の研究班が昨年まとめた調査で初めて判明しました。

調査の中心となった自殺予防総合対策センターの松本俊彦副センター長は、「飲酒によって自殺リスクが高まる可能性があり、対策はうつ病だけでなく飲酒の問題も視野に入れる必要がある」と
指摘しています。

せっかく「認知行動療法」を実施しても、飲酒で生活のリズムも狂ってしまうことでしょう。
うつ病患者にはなるべく飲酒をさけるような工夫も必要のようですね。

★有料ですが、うつ不安ネット(http://cbtjp.net)では、悩んでいる内容を書き込むと、認知行動療法を
体験できます。
[医療ニュース] ブログ村キーワード
ブログ元気元気トップページへ

スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 20:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | うつ病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日のつぶやき



スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月18日

2015年12月17日のつぶやき



スポンサードリンク
posted by 元気ナース at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする